廃車Q&A

廃車Q&A【他県ナンバーの廃車】他県ナンバーの車は近くの運輸支局でも廃車可能?

車を廃車にする際は他県ナンバーでも近くの運輸支局で廃車することは可能です。
引越しや、転勤、休日のお出かけや遠方への旅行で現在住んでいる地域から「県外」へ移動することがあります。移り住んだ先で車を廃車する事になったとき、不運にも旅先や出張での事故や故障で車を廃車にするときの方法をまとめました。

引越し、転勤をした際の廃車手続き

観光地や高速道路を走っていると他県のナンバープレートを見かけることが多いと思います。そもそも、ナンバープレートとは、その車がどんな用途で使用されているのか、どこの誰の持ち物なのかを区別するためのいわば名札のようなものです。そのため所有者の居住地とこの地名は一致させる必要があり、引越しなどで住所が変わり、他県へ移動した場合には住所を住所変更日から15日以内に登録変更しなくてはなりません。違反した場合には、50万円の罰金という罰則が設けられています。では万が一、この15日の間に車を廃車にしたいと思ったときはどうなるのでしょうか?

実はナンバープレートの地域外であっても手続きさえしっかり行えば場所を問わず廃車にすることができます。例えば名古屋に住んでいるが、品川ナンバーの車を廃車にしたい時は、わざわざ東京に戻ることなく名古屋で廃車の手続きが可能です。これで転出したときの不安はなくなりましたね。

また、車を購入したところが東京で、引越しや転勤で名古屋に住んでいるとします。そこで車が事故などに遭ってしまい、車を廃車にする時でも名古屋で廃車手続きをとることが可能です。

 

旅行中や出張中に事故などで車をダメにしてしまったときはどうでしょうか?

他県で廃車をするには、住民票が必要です。短期出張や旅行先での廃車手続きでも、住民票がなくては受け付けてくれません。住所を現地に変更する訳にもいきませんので、住んでいる場所に戻って廃車手続きをすることになります。しかしこの場合も廃車にする車をわざわざ自分の住む場所へ運ぶ必要はありません。

そもそも廃車とは車体をスクラップにすることではなく、陸運支局で手続きを行うことを言います。永久抹消登録には車体をスクラップにしたという証明が必要ですが、車体が必要なわけではありません。

旅行先で車が故障して直らない時や、事故に巻き込まれてしまった場合は、外出先から居住地まで廃車のためのレッカーを手配すると費用もかかるので、余計な時間がかかってしまいます。その土地の廃車買取業者に運んでもらって解体も合わせてお願いしてしまう方が無料で車両を引き取ってくれたり、廃車買取業者に高値をつけたりしてくれるかもしれないメリットがあります。

ただし、業者に頼む場合でも、後日の手続きのためにナンバープレートは必ず持ち帰りましょう。廃車にする車をわざわざ遠距離レッカーで費用をかけたくありませんよね。いざというときのため、覚えておくとおトクですね。

居住地とは異なるナンバーの車の廃車は「移転抹消(転入抹消)」という手続きが必要

移転抹消とは?

車検証に記載されている所有者の住所と現居住地が違う時に行うのが抹消登録手続きです。陸運局の売店で「移転抹消」というと書類一式を揃えてくれます。用紙は60円程です。手数料は印紙で計850円(普通車)です。

引越しの場合は新たな住所の地域を管轄する陸運局で手続きをしますが、転出先に居住しているという証明をする必要があるので、住民票を用意します。証明のための書類は居住地での“公共料金の領収書”(原則3ヶ月以内のもの)でもOKとしていることがあるので、役所に住民票を発行してもらう時間がないという人は所轄の陸運局に問い合わせしてみてもよいでしょう。

もし車検証に記載されている住所が“2回以上”変更されている場合は今までの転居履歴がわかる『戸籍謄本』を住民票の代わりに用意します。他にも業者に依頼する場合は、所有者の「印鑑証明書」所有者の実印のある「委任状」(代理人の場合)、「車検証」、「ナンバープレート2枚」、「移動報告書」も必要になります。印鑑証明書や委任状は発行から3ヶ月以内のものが必要です。

必要書類を揃えたら、陸運局へ出向きます。ナンバープレートを返却すると、手数料納付書に返却確認印が押されます。そして申請書に必要事項を記入して窓口に提出すると「抹消登録証明書」が発行され、廃車手続き自体は終わりです。次に自動車税事務所で自動車税を抹消する申告をしなくてはなりません。事務所で申告書を記入し提出するだけで廃車した翌年から税を払わずに済むので忘れずにしなければなりませんね。

住民票の請求方法

住民票の交付方法は大きく分けて以下の3通りです。

窓口申請
市役所や市の出張所、行政サービスセンターなどに出向いて住民票を受け取ります。基本的に平日の昼間にしか行う事ができません。

郵送申請
郵送で申請して、住民票を送ってもらいます。窓口申請と違って平日に時間がなくてもできますが、書類に不備があった場合などには住民票を送ってもらえないため時間がかかります。

電子申請
市役所のHPで電子申請、届出のシステムから申請します。24時間365日時間を問わずに行う事ができるため、平日に時間がなくてもできます。コンビニで住民票を発行できることもあります。住基カードを利用すれば、セブンイレブンやファミリーマートなどの大手コンビニで住民票の発行を受け取る事ができます。

 

廃車を考えた時にすべきこと

走行距離も多いし、年式も古い、もう廃車かな?と思った時に、すべきことがあります。それは、愛車の最新の査定相場を調べておくということです。実はあなたの車を買いたいと思っている業者がいる可能性もあるのです。

ディーラーと違って車買取業者は、海外に輸出のルートを持っている業者も少なくありません。そのような業者は海外では日本車は人気ブランドになるので、年式が古くても走行距離が多くても、買いとるのです。海外では、古い日本車もバンバン走っています。ですので、廃車を考え出したら一度、買取業者の査定相場を調べてみましょう。自走できる愛車の最新の査定相場はインターネットで簡単に調べる事ができます。

関連記事

  1. 記事No61_車と電卓と通帳2_85163ee7eb41846b09454d2d16b87cf0_l

    廃車Q&A

    廃車Q&A【還付手続き】納付済み自動車税・自動車重量税の返金手続きについて

    自動車を持っていると、毎年送られてくる自動車税の納付書。4月から3月の…

  2. 車購入_165b9b9764b7a437ab61cf3eb381c7ad_s_1

    廃車Q&A

    廃車Q&A【所有者の死亡】所有者が死亡してしまった場合の手続きは?

    車の所有者、つまり車検証に書かれた名義人が死亡してしまった場合の廃車手…

  3. 記事No59_アイキャッチ画像-01

    廃車Q&A

    廃車Q&A【ローン】ローンが残っている車の廃車手続きについて

    車をローンで購入するとき、所有者は誰になっているのかあまり意識しないも…

  4. 自賠責保険と任意保険1a6433aec6af783f6d008221be38055e_m

    廃車Q&A

    廃車Q&A【還付手続き】納付済み自賠責保険の返金手続きについて

    自動車は、必ず自賠責保険に入ることが義務付けられ、無保険で交通事故を起…

PAGE TOP