廃車手続きの必要書類

廃車手続きの必要書類 | 自動車の廃車手続き

廃車と一言でいっても、単に古くなった車を解体するというだけではありません。  廃車の手続きはそう何度も経験するものでもないため、よく分からないと悩んでいる人も多いと思います。 そこで今回は、ケース別に廃車手続きの方法や必要な書類について詳しくご紹介します。

長年大事に乗ってきた愛車を廃車にしたい

車が古くなって乗れなくなった場合や中古車販売業者にも下取りしてもらえない時など、何らかの理由で愛車を廃車にするという場合、どんな書類を用意してどこで手続きをしたらいいのかご存知でしょうか?

長期間使用しない場合や、海外に輸出する場合も廃車の手続きが必要になるのです。 また廃車する車や所有者の状態によっても手続きの方法が変わりますので、自分の状況に当てはまる書類を揃え、手続きをしなくてはいけません。

廃車手続きの種類

廃車には3種類あり、それぞれ手続きの方法が異なります。

・永久抹消登録
・一時抹消登録
・輸出抹消登録

永久抹消登録

古くなったり故障した車を解体して、2度と使えなくすることを指します。
中古車買取業者に下取りしてもらった場合は、この手続きは必要ありません。
車を永久抹消登録する時の手順は以下のとおりです。

1.ナンバープレートを外す

2.車の解体を依頼する

3.必要な書類を揃える

4.運輸支局で手続きする

車の解体は業者に依頼しますが、それ以外は自分で行うことが出来ます。
ナンバープレートも業者に頼めば外してもらえますが、手続きの際に必要になるので忘れずに受け取るようにしましょう。

永久抹消登録に必要な書類

車検証
ただし、以下のケースに当てはまる場合は、別途書類が必要になります。

※車検証の「所有者」の住所や氏名が印鑑証明書と異なる場合
住民票や戸籍謄本が必要になります。
※何度も引っ越しをして車検証と住民票の住所がすぐにつながらない場合
住民票除票や戸籍の附票も必要です。
※車検証を盗まれた場合
警察へ届け出をして受理番号を発行してもらい、その受理番号が書かれた「理由書」が必要となります。
※車検証の所有者がクレジット会社や自動車販売店になっている場合
譲渡証明書や委任状、印鑑証明書が必要です。

ナンバープレート
前方と後方の2枚必要になります。解体業者に頼むか、自分でドライバーなどを使って外しておきましょう。
※ナンバープレートを盗まれた場合
車検証と同様に警察署に盗難届を出して、「理由書」の提出が必要になります。
永久抹消登録の申請書
運輸支局のホームページでダウンロードするか、窓口で記入します。
所有者の印鑑証明書
発行から3ヵ月以内のものが必要です。
所有者の実印
印鑑証明書と同じ実印を用意しましょう。
※所有者以外が申請する場合
所有者の印鑑証明書と同じ実印が押印されている委任状が必要です。
『解体報告記録日』と『移動報告番号』を書いたメモ
解体業者から車の解体が終了したという連絡を受けたら、メモでよいので『解体報告記録日』を書き記しておきます。『移動報告番号』はリサイクル券に記載されていますので、同様に書き記しておきましょう。
手数料納付書
運輸支局の窓口にあります。

一時抹消登録

海外赴任や入院などで長期間車を使用しなくなる場合に行います。
この手続きを行うことで毎年の自動車税がかからなくなりますが、ナンバープレートを返納するため当然公道を走ることはできません。
一時抹消登録する時の手順は以下のとおりです。

1.ナンバープレートを外す

2.必要な書類を用意する

3.運輸支局で手続きする

一時抹消登録に必要な書類

基本的には永久抹消登録とほぼ同じですが、車を解体しないため必要書類が若干変わります。

・車検証
・ナンバープレート
・一時抹消登録の申請書
・所有者の印鑑証明書
・所有者の実印もしくは委任状
・手数料納付書

『一時抹消登録をした後にやはり乗らないから解体することにした』という場合は、改めて解体届け出の手続きが必要になります。

解体届け出の手続きに必要な書類

解体届け出の手続きに必要な書類は以下の通りです。

・登録識別情報等通知書
 一時抹消登録を行った後に発行される書類です。
・解体届け出の申請書
・手数料納付書
・『解体報告記録日』と『移動報告番号』を書いたメモ
・所有者の押印または委任状

輸出抹消登録

車を海外に輸出する場合を指します。
廃車の手続きは基本的に輸出業者が行う場合がほとんどです。
必要書類は業者の指示に従って揃えますが、永久抹消登録や一時抹消登録の際と同じような書類が必要になります。

輸出抹消登録に必要な書類

手続きをするにはまず運輸支局で輸出抹消仮登録証明書(輸出予定届出証明書)を発行してもらう必要があります。

・車検証
・ナンバープレート
・輸出抹消登録の申請書
・所有者の印鑑証明書
・所有者の実印または委任状
・手数料納付書

車検が1ヶ月以上残っている場合

車検が残っている車を廃車にする場合、手続きをすれば自動車税や自動車重量税、自賠責保険料、また年払いした任意保険料が戻ってきます。

自賠責保険の保険期間が一定期間以上残っている場合は、保険会社に申請を行うことで払いすぎた保険料の還付を受けることができます。必要な書類を揃えて早めに手続きを行いましょう。

うっかり忘れがちなのが任意の自動車保険です。一度解約をしてしまうと、これまでの等級がリセットされ、次に保険に加入する時に保険料が高くなってしまう可能性があります。再び別の車に乗り任意保険に加入する予定がある場合は、保険会社への手続きを忘れずに行いましょう。

車自体が無くなってしまった場合

盗難された場合

まずは警察署に盗難届を出し、受理番号を発行してもらい、永久抹消登録もしくは一時抹消登録の手続きを行いましょう。

被災した場合

災害によって車を紛失した場合は、罹災証明書を添えて永久抹消登録の手続きを行いましょう。

 

いかがでしたか?

廃車の手続きの仕方や用意すべき書類についてお分かりいただけましたでしょうか。今回例に挙げた以外にも事故車や車検切れの場合などさまざまなケースがあり、それぞれ廃車の手続きの方法も異なります。

不安な点がある場合は運輸支局に確認をして手続き漏れのないようにしましょう。

関連記事

  1. 記事No63_63-01

    廃車手続きの必要書類

    廃車手続きの必要書類 | 軽自動車の廃車手続き

    今回は軽自動車を解体する場合や使用を一時的に止める場合など、ケース別の…

PAGE TOP