廃車手続きの必要書類

廃車手続きの必要書類 | 軽自動車の廃車手続き

今回は軽自動車を解体する場合や使用を一時的に止める場合など、ケース別の手続きの流れや必要な書類について詳しくお伝えします。

『そろそろ車検だけどあちこち故障していて費用がかかりそう。走行距離もかなりあるから下取りには出せないし、もう廃車にするしかないか』

例えばこんな理由で軽自動車を廃車にする場合、どんな手続きが必要になるのでしょうか。 軽自動車と普通車とでは、廃車の手続きの仕方が異なるのをご存知ですか? 手続きが面倒だからといって乗らなくなってしまった軽自動車を置きっぱなしにしていると、毎年税金が発生してしまいますので、きちんと廃車の手続きをしなければいけません。

軽自動車の廃車手続きが必要になるケース

・解体する場合
・一時的に使用をやめる場合
・一時的に使用をやめた軽自動車を解体する場合
・海外に輸出する場合

廃車にするということは、車の登録を抹消することを意味します。軽自動車を解体する時だけでなく、一時的に使用をやめる場合にも手続きが必要です。

軽自動車の登録を抹消すれば、軽自動車税や自動車重量税の課税がストップしますが、同時にナンバープレートを返還するため公道を走ることは出来なくなります。

海外に輸出する場合もきちんと手続きをしなければ税金を課されてしまうので、忘れずに手続きを行いましょう。

軽自動車を解体する

軽自動車を解体して完全に使えなくするための手続きは以下のような流れです。

1.解体業者に依頼して車を解体する

2.廃車手続きに必要な書類を集める

3.軽自動車検査協会で手続きを行う

軽自動車を解体する場合に必要な書類

手続きは解体業者から、解体が完了したという解体報告の連絡を受けてから、最寄りの軽自動車検査協会で行います。

車検証
住所が変わっている場合は、別途住民票が必要になります。
ナンバープレート
前方と後方の2枚必要です。
解体業者にナンバープレートを外してもらう場合は忘れずに受け取るようにしましょう。
使用済自動車引取証明書
こちらは解体業者から発行してもらう書類です。
リサイクル券に記載されている番号の記入が必要になるので、リサイクル券も準備しましょう。
解体届出書軽第4号様式の3
軽自動車検査協会の窓口で記入します。
認印
所有者の印鑑が必要です。軽自動車を使用していた人と所有者が異なる場合、使用者の印鑑も必要になります。実印でなくても構いません。
本人以外が申請の手続きをする場合は申請依頼書が追加で必要になります。
軽自動車税申告書
軽自動車検査協会の窓口で記入します。

軽自動車の使用を一時中止する

乗らなくなった軽自動車の使用を一時的に止めて税金が発生しないようにする手続きになります。
流れは以下の通りです。

1.一時使用中止の手続きに必要な書類を集める

2.軽自動車検査協会で手続きを行う

軽自動車の使用を一時的に止める手続きに必要な書類

・車検証
・ナンバープレート
・自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書軽第4号様式
 軽自動車検査協会の窓口で記入します。
・所有者の認印
・軽自動車税申告書
 軽自動車検査協会の窓口で記入します。

一時的に使用をやめた軽自動車を解体する

 解体届出の手続きが必要となります。

解体届出の手続きに必要な書類

・使用済自動車引取証明書
 解体業者から発行されます。
・解体届出書軽第4号様式の3
 軽自動車検査協会の窓口で記入します。
・所有者の認印

解体届出の手続きは、書類をダウンロードして自宅から郵送して済ませることができます。
その場合は以下の3つの条件に当てはまることが条件です。

・一時使用中止の手続きが済んでいること
・解体業者から解体が完了したという報告が済んでいること
・残っている車検の期間が1ヶ月未満で自動車重量税の還付がないこと

これらの条件に当てはまり、忙しくて手続きに行く時間がないと言う人はぜひ郵送での手続きを利用してみましょう。

軽自動車を海外に輸出する 

軽自動車を使わなくなったけど解体してしまうのはちょっともったいないという場合は、海外に輸出することができます。
軽自動車を輸出する場合の手続きは以下の通りです。

1.輸出手続きに必要な書類を集める

2.軽自動車検査協会で手続きを行う

事前に一時使用中止の手続きをしているかどうかで必要な書類が変わります。

軽自動車の輸出手続きに必要な書類

■すでに一時使用中止をしている場合
・自動車検査証返納証明書
 一時使用中止をした時に発行される書類です。
 紛失したとしても、コピーなどがあり車両の情報が分かれば手続きを行うことができます。
・輸出予定届出証明書交付申請書軽第4号様式の2
 軽自動車検査協会の窓口で記入します。
・認印

■事前に一時使用中止をしていない場合
・車検証
・ナンバープレート
・輸出予定届出証明書交付申請書軽第4号様式の2
・認印
・軽自動車税申告書

『輸出する予定があったのにやっぱり輸出しないことになった』こうした場合は、改めて『輸出予定届出証明書返納届出』の手続きをする必要があります。

税金の還付について

車検が1ヶ月以上残っている場合に限り、車検の時に支払った自動車重量税が還付されます。手続きには振込口座やマイナンバーなどの情報が必要になります。請求しないとお金が戻ってこないため、忘れずに手続きするようにしましょう。

一方自動車税についてですが、廃車にした場合普通車は月単位で税金が還付されますが、軽自動車については残念ながら税金の還付はありません。

軽自動車税は年度ごとに加算されます。例えば4月に廃車にしたとすると、1年分の税金が課せられてしまいます。

廃車にする予定があるのなら3月中に手続きを行った方がお得です。

軽自動車検査協会事務所の受付について

解体届出以外の廃車に関する手続きは軽自動車検査協会の窓口で行わなくてはなりません。廃車を含め軽自動車に関する手続きを行えるのは月曜日から金曜日です。土日祝日や年末年始は窓口が休みになります。

軽自動車の所有者本人が忙しく代理人に手続きを依頼する時は、別途書類が必要になる場合が
ありますので事前に何が必要か問い合わせておきましょう。

いかがでしたか?

普通車を廃車にしたことがある人でも、軽自動車の手続きは少し違うのでややこしいと感じてしまいますが、基本的な流れは同じです。

揃えなければいけない書類も普通車よりは少ないので、実際にやってみると簡単に感じられることでしょう。

関連記事

  1. 記事No62_62-01

    廃車手続きの必要書類

    廃車手続きの必要書類 | 自動車の廃車手続き

    廃車と一言でいっても、単に古くなった車を解体するというだけではありませ…

PAGE TOP