廃車Q&A

廃車Q&A【ローン】ローンが残っている車の廃車手続きについて

車をローンで購入するとき、所有者は誰になっているのかあまり意識しないものですが、ローンが残っている車を廃車にするには、この『車の所有者』が重要になってきます。 車の所有者が自分か、自分以外の場合かによって、廃車にできるかどうかが変わってくるためです。

車検証の『所有者の氏名、又は名称』の欄に記載されている名前が、その車の所有者です。
ローンで購入した場合には、自分の名前ではなくディーラーやローン会社の名前になっていることがありますので、まずは車検証を確認してみましょう。

所有者が自分以外(ディーラーやローン会社)の場合

所有者が自分以外の場合には、所有権がほかにありますので、当然のことながら勝手に廃車にすることはできません。まずは所有者名義を変更する必要があります。これを所有者権解除といいます。通常ローンを完済していれば、問題なく所有権解除の手続きに進むのですが、ローンが残っていると所有権解除は難しくなります。

車をローンで購入した場合には一般的に『所有権留保』(車検証の所有者が販売店やクレジット会社の名義)という形で車検証の登録が行われています。これを所有権留保契約といいます。もし自動車ローンが残っている車を廃車にしたいといった場合にはその所有権留保の要因となっている現在契約中・返済中のクレジット会社(ローン会社)の承認がないとその所有権留保の解除手続きができず、処分や廃車手続きだけでなく、その他売却や名義変更などのすべての取引処置もできません。

ローン残額を一括返済できる場合

ローンの支払いが残っているため、所有権譲渡ができないのですから、ローン残額を一括返済すれば、ほとんどの場合、所有権解除の手続きを行ってくれるでしょう。所有権解除の手続きをディーラーが行ってくれるところもありますので、手続きの流れを確認しておくことが必要です。この一括返済に関しては基本、清算は「現金一括(手持ち資金で)」での手続きが求められますが、清算額、及び清算方法などは、クレジット会社、又は販売店などへ直接相談しましょう。

また、廃車に特別な理由などない限りは、こういった手持ち資金での現金一括が原則であり、この現金一括が困難であってはじめて、下記に記します、ローンを組み替える方法を検討してください。一括精算した場合には、その既存のクレジット会社から送られる完済証明書が承諾書となり、手続きが完了となります。自動的に郵送されてくるものです。但し申請をしない場合は郵送されてこない場合もあるので要注意です。

ちなみに現金一括が可能な場合には、手続きなどを業者任せにする場合でも完済だけでも出来るだけ早急な手続きをおすすめします。また、車を買取業者さん等に売却することで、車のローンの残債処理をスムーズに行ってもらう事も可能です。現金一括がどうしても困難であれば、組み替えローンなど一応ほかの方法もあります。

ローンを組み替える

所有権留保の理由となっている既存のローン残債を他の自動車ローン等へ組み替え、既存のローン残債(旧ローン)を一括精算させ、旧ローンの契約元、クレジット会社から所有権解除に関する承諾書類をもらう。というパターンもあります。こういったローンを一般的に「組み替えローン」ともいいます。

しかしこのパターンは基本的には車屋さんの下取りや専門店での買い取り売却等、かつこういった組み替えローンの取り扱い可能店舗でのみと、かなり限られた範囲でしか利用できないことが多く、また残る残債量に応じて審査の可否条件なども大きく異なります。しかも一般的な中古車買い取り(下取りを含む)ならまだしも、廃車処分だとそういった組み替えローンの適用自体が難しい場合もあります。

ローンの残額を返済できない場合

買ったばかりで多額のローンがある場合など、一括返済が難しいときは、ローン会社やディーラーに事情を説明し、相談してみるしかありません。特例措置としては、大きな事故や故障などにより、継続してその車を所有し続けるのが困難と判断できる場合や、修理するのは車両価値を考慮すると割に合わないと判断されたりした場合は、特例として残債を一括返済することなしに、所有権解除が承諾されることもあります。もちろん、ローンの残りは継続しての支払い義務がありますが、まずは販売店やローン会社に所有権解除が可能かどうか相談してみると良いでしょう。

『車両は解体する』『ローンは支払う』ことを条件に承諾してくれるような場合もあります。

家に動かない車があっても、それだけで自動車税は毎年送られてきます。そういう場合は自動車を解体屋さんで解体処分し、解体証明書を入手します。その解体証明書を持って、陸運局にて手続きを行う事によって、手続きを行った翌月から、年度末(3月)までの自動車税が戻ってきて、翌年度からの自動車税の納付書が送られてくる事はなくなります。

 

所有権解除については、初めから無理だと交渉しないのではなく、しっかり事情を説明することが大切です。どうしても残額完済しなければ所有権解除を認めてくれない業者さんの場合はどうしようもありません。所有権のない車の廃車は行えないのです。

所有権が自分の場合

同じローンでも、銀行系ローンの場合、通常所有権留保はなく、所有者は自分の名前になっていることがほとんどです。この場合は、当然ローンの支払いは残りますが、自分の意志で廃車にしても問題ありません。ローンを組むとき、所有者のことまで意識しない方も多いため、完済しても所有者はそのままにしている人も少なくないようです。

急に廃車にしなくてはいけない状況が訪れたとき、所有権解除に手間取ることも考えられますので、この機会に車検証を取り出して、所有者が誰になっているか確認しておくといいですね。ただし、契約時に別途担保などの取り決めがある場合はこの限りではないため注意が必要です。

これからローンで車の購入をお考えの方は、廃車にする際の条件なども確認しておくことをおすすめします。

関連記事

  1. 自賠責保険と任意保険1a6433aec6af783f6d008221be38055e_m

    廃車Q&A

    廃車Q&A【還付手続き】納付済み自賠責保険の返金手続きについて

    自動車は、必ず自賠責保険に入ることが義務付けられ、無保険で交通事故を起…

  2. 車購入_165b9b9764b7a437ab61cf3eb381c7ad_s_1

    廃車Q&A

    廃車Q&A【所有者の死亡】所有者が死亡してしまった場合の手続きは?

    車の所有者、つまり車検証に書かれた名義人が死亡してしまった場合の廃車手…

  3. 記事No61_車と電卓と通帳2_85163ee7eb41846b09454d2d16b87cf0_l

    廃車Q&A

    廃車Q&A【還付手続き】納付済み自動車税・自動車重量税の返金手続きについて

    自動車を持っていると、毎年送られてくる自動車税の納付書。4月から3月の…

  4. 記事No57_

    廃車Q&A

    廃車Q&A【他県ナンバーの廃車】他県ナンバーの車は近くの運輸支局でも廃車可能?

    車を廃車にする際は他県ナンバーでも近くの運輸支局で廃車することは可能で…

PAGE TOP