自動車コラム

車と色の関係1~人気の色ランキングや事故率、色が与える影響は?~

車を選ぶとき、車種が決まったら、何色にしよう…?この色にしようとすぐに決まりますか?人気の色は何色なのか。車の色によって事故率は変わるのか。などなど車と色の関係について。

事故が多い車の色

まず最初に、交通事故と色についてのデータは最近のものはなく、あまりあてにならないのが正直なところです。都市伝説のように言われているのですが、色が心理的にあたえる影響なども関係しているのかもしれません。1968年に出版されたEric P.Danger著書Using Colour to Sellで紹介されているデータによると

1位 青系 25%
2井 緑系 20%
3位 グレー系 17%
4位 白系 12%
5位 赤系 8%
6位 黒系 4%
7位 茶系 3%
8位 黄系 2%
9位 その他 9%

このように青が1位になっています。この結果が良く紹介されているので、青色の車は事故率が高いと言われていますが、関係ないと否定的な意見もあります。

 

また、オークランド大学が1999年に発表した研究もあります。この研究では数が一番多い白色の車の1として他の色と事故率を比較したデータでは

茶色 2.1
黒色 2.0
緑色 1.8
白色 1.0
青色 0.9
黄色 0.8
赤色 0.7
灰色 0.6
銀色 0.4

こちらの研究結果の方が新しいですし、数の多い白色を基準にしているので、こちらの方が信憑性がありそうです。一番数が多い白い車が1.0でその下が青で0.9という事はやっぱり数のわりには青の事故率は高いということなのでしょうか。日本で行われた調査では、黒やグレーの車の事故が多いというデータもあります。

色が見えるしくみ

色を見るためには「光源(光)」「物体」「視覚(眼)」の3つの要素が必要です。物体に当たった光の反射によって色を見ることができるので、この3つの要素がどれか1つでも欠けていたら人は色を見ることができません。

例えばりんごを見るとき
光源(光)がりんご(物体)に当たり、短波長の青と中波長の緑の光を吸収し、長波長の赤の光を反射、反射した光源(光)を視覚(眼)で見ることで、りんごが赤いと認識することができます。

色が人に与える影響

いつも何気なく見ている景色や生活の中には色があふれています。色によって人は様々な影響を受けています。

男性は青や水色、女性は赤やピンクのように男女を区別したり、チームによってユニフォームの色で区別したり、路線図が色で区別されていたりします。

商品のパッケージやポスターなどの色もイメージやターゲットに沿った色が使われています。色を効果的に使えば商品が良く売れたり、使いやすくなったりします。色が人に与える影響は大きいのです。

自然の中にも色の効果が

自然の中にも色の効果はあって、オスはメスにアピールするため羽や体の色がとても綺麗だったり、外敵から身を守るため、周りの風景と同化できるように葉っぱと同じような色をしている虫がいたり、体の色が周りの風景と同じような色に変化する生き物もいます。

後退色は事故に遭いやすい?

色のもつ効果として進出色と後退色があります。
赤やオレンジ、黄色などは暖かさを感じる暖色といわれていますが、暖色系の色は進出色、青などのの色は冷たさを感じる寒色といわれていて、寒色系の色は後退色でもあります。

赤などの進出色=実際よりも近くにあるように見える色
青などの後退色=実際よりも遠くにあるように見える色
その差は7mあるともいわれています。

実際の距離よりも7m遠くに感じていたら、まだ離れているから大丈夫だと思ったら思ったよりも近かったということが場合によっては事故に繋がってしまうこともあるかもしれません。青い車の事故率が高いのは実際距離よりも遠くに見える後退色だからと考えることができます。

収縮色は事故に遭いやすい?

同じ大きさなのに白いと大きく見えて、黒いと小さく見える、良くいわれるのが、白い服は膨張して見える、黒い服はしまって見える。このように大きく見える色は膨張色、小さく見える色は収縮色といわれています。明るい色は大きく見え、暗い色は小さく見えます。明度が関係していて、色が違っても明度が同じなら大きさは変わらないように見えます。

黒い車の事故率が高いのは実際よりも小さく見える収縮色だからと考えることができます。小さく見えるということは、後退色と同じように実際の距離よりも遠くに感じるということなので事故に繋がるひとつの要因になってしまうのかもしれません。

交通事故には他の原因もありますが、色が人に与える影響を考えれば色が全く関係していないとも言い切れないですね。

日本人が好む色

日本人が好きな色は何色なのでしょうか。国の文化や男女によっても違いますが、複数の調査の結果から見た傾向によると

【日本人男性が好きな色】
1位 青
2位 緑
3位以下 赤 白 黒
【日本人女性が好きな色】
1位 ピンク
2位以下 青 緑 赤 白 黒

子供の絵を見てみると、同じ年齢でも男の子よりも女の子の方がいろんな色を使ってカラフルな絵を描く傾向があります。女性の方が色に敏感で色の好みも分かれるのかもしれません。

地域によって好きな色も変わる?

色の好みは地域差もあるといわれています。太陽光には目に見える光以外に見えない光も含まれています。私達が見ることができる範囲は「可視光線」といい、ヒトの目で見える波長は短波長、中波長、長波長に分けられます。紫外線は可視光線よりも波長が短く、赤外線は可視光線よりも波長が長いため、ヒトの目で見ることはできません。

北の方では短波長の光を多く受けるため青が綺麗に見えます。そのため青や水色などの寒色系の色が好まれる傾向にあります。東北南部や関東地方では、中波長の光を多く受けます。そのため緑が綺麗に見え、緑系の色が好まれる傾向にあります。近畿、中部や九州地方では、長波長の光を多く受けます。そのため黄色やオレンジ、赤などの暖色系の色が好まれる傾向にあります。

海外では何色が人気?

世界20カ国、約5500人の学生を対象に行われた調査によると

中国(北京)
 1位:青 2位:白 3位:赤
韓国
 1位:青 2位:白 3位:グレー
オーストラリア
 1位:青 2位:赤 3位:緑
アメリカ
 1位:青 2位:赤 3位:緑
ドイツ
 1位:青 2位:黄色 3位:赤
ロシア
 1位:青 2位:赤 3位:緑
オランダ
 1位:オレンジ 2位:青 3位:黒
イタリア
 1位:青 2位:赤 3位:緑

世界的に好まれている色は「青」。青が1位の国が多く、「赤」「緑」も人気のようです。青、赤、緑は色光の三原色です。色光の三原色は加法混色でもあり、赤、緑、青の光を全て混色すると白色になります。人間の目の網膜にある錐体という細胞は3種類あって、短波長(B:青)、中波長(G:緑)、長波長(R:赤)を感知し、その感知の度合いによって様々な色を見ています。青、赤、緑が好まれているのは、こうした目の構造とも関係があるのかもしれません。

オランダでオレンジが好まれるのは

国の文化や宗教なども影響するといわれている色の好み。気になるのはオランダの1位がオレンジなこと…ドイツの2位が黄色なのは、他に理由があるかもしれませんが、ドイツの国旗は黒・赤・黄色で国旗にも使われていることから、身近な色といえます。でもオランダの国旗の色は赤・白・青の3色。なぜオレンジが1位なのでしょうか。昔のオランダの国旗はオレンジ・白・青の3色で世界で初めてできた3色旗だそうです。この3色は「プリンスの旗」と呼ばれていましたが、オレンジ色は海で見えにくいなどの理由から国旗の色が変更になったとのこと。昔の国旗の色なら人々にとって身近な色なのかも。

さらにオランダにはクイーンズ・デーというお祭りがあり、オレンジ色の服を着た人が100万人以上集結して、町がオレンジ色で埋め尽くされる日がある。4月30日のこのオレンジの日は元々ユリアナ前女王の誕生日で国民の休日。町中の誰でも路上でお店を開いても良い日で、フリーマーケットがあちこちで開催されている一年に一回の国民的なイベントなんだそうです。オレンジ色が好まれるのはこうした文化の影響かもしれませんね。

世界で好まれている車の色は?

アクサルタ コーティング システムズという様々な塗料を開発・製造・販売している会社が発表した「2016年版自動車人気色調査報告書」を見ていきます。

1位:白(37%)【ソリッド28%/パール9%】
2位:黒(18%)【ソリッド3%/エフェクト15%】
3位:グレー(11%)
3位:シルバー(11%)
5位:赤(6%)
5位:青(6%)
5位:茶・ベージュ(6%)
8位:黄色・ゴールド(3%)
9位:緑
9位:その他

世界で一番好まれているのは「白」でした。
北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパ、アジア、中国、日本、韓国、インド、ロシア、アフリカと国や地域別にランキングがあるのですが、インドだけ1位が白ではなく「シルバー」だったのが印象的でした。全体的に無彩色の白・黒などが人気のようです。中でも中国では1位の白が57%と半分以上が白という結果に。他の国と比べて中国では青や赤などのカラフルな色よりも白や黒、茶色などの地味な色が圧倒的に人気があるのが分かります。世界的に人気がある黒ですが、インドでは3%と人気がありません。

黄色・ゴールドは全体的に順位が低めなのですが、中国ではシルバーと同じ5%でした。赤は北アメリカで10%で他の地域よりも人気があります。緑は南アメリカとロシアが5%でしたが、南アメリカは5位、ロシアは7位なので南アメリカの方が人気があります。茶・ベージュは中国とロシアが8%でしたが、中国では3位、ロシアでは6位なので中国では白、黒に続く人気があります。

日本で好まれている車の色は?

1位:白(34%)【ソリッド7%/パール27%】
2位:黒(22%)【ソリッド8%/エフェクト14%】
3位:シルバー(13%)
4位:青(8%)
5位:赤(6%)
5位:その他(6%)
7位:茶・ベージュ(5%)
8位:グレー(4%)
9位:黄色(1%)
9位:緑(1%)

日本では世界と同じく「白」が一番人気があります。ですが、世界ではパールカラーよりもソリッドカラー
の方が人気なのに対し、日本では逆でパールカラーの方が人気があるのが特徴です。黒は世界と同じくソリッドカラーよりもエフェクトカラーの方が人気があります。
※ソリッドカラー(パールなどを含まない色)
※エフェクトカラー(光の当たり方などで微妙に見え方が変化する色)

シルバーが白、黒に続く人気色。グレイは4%と他の国や地域と比べると低めであまり人気がありません。赤よりも青の方が人気があり、その他の色が6%と世界で一番高い割合になっているのが印象的でした。軽自動車は女性向けに可愛い色や他の車と比べるとツートンカラーやカラフルな色もありますし、世界と比べると高い割合になったのかもしれませんね。

車の色で考えられる影響

赤い車を購入する前に知っておきたいこと

「色が見えるしくみ」でお話したとおり、赤い色は短波長(青や紫)と中波長(緑)の光を吸収し、長波長(赤)の光を反射します。紫外線は目で見ることができる短波長(青や紫)よりも波長が短いので、外の線「紫外線」といわれています。紫外線を目で見ることはできませんが、人間が日焼けするように車にも紫外線の影響が…赤は波長が短い紫外線も吸収しやすい色なので、その分早く退色したり、変色してしまいます。看板でも赤は他の色の部分と比べると色が薄くなっていますよね。青は逆に中波長(緑)、長波長(赤)の光を吸収し、短波長(青)の光を反射します。波長が短い紫外線も反射しやすいので、赤より変色しにくい色といえます。

黄色い車は虫を呼ぶ?

明るい所に集まる虫。明度で言うなら白だって明るい色なのですが…黄色の方が虫がつくという意見が多いです。黄色は花粉と同じ色のため、花粉を運ぶ虫が寄ってきやすいようです。黄色は虫がつくと黒い点のようなものがたくさん見えて目立ちやすいとの意見もありました。道路標識にも黄色と黒の組み合わせがあるように誘目性、視認性がともに高い色の組み合わせですから、夜に高速道路や山道を走ると昼間見たら虫がいっぱいついていて目立つということもありそう…。虫が嫌いなら他の色より虫が寄ってくる可能性のある黄色を避けた方が良さそうですね。

黒い車は暑い?

黒い車は暑いと感じる人は多いのではないでしょうか。確かに黒い車は白や他の色と比べると暑いと感じます。JAFによる実験でも白よりも黒の車の車内温度が高いという実験結果が出ています。

気温35℃の中、車内の温度を25℃に揃え、サンシェードなど何も対策をしなかった車と対策をした車

黒い車(対策なし)
車内最高温度:57℃
車内平均温度:51℃
ダッシュボード最高温度:79℃
白い車(対策なし)
車内最高温度:52℃
車内平均温度:47℃
ダッシュボード最高温度:74℃
白い車(サンシェード装着)
車内最高温度:50℃
車内平均温度:45℃
ダッシュボード最高温度:52℃

黒と白で最高温度が5℃、平均温度が4℃と私が思っていたよりは差が少なかった。車内温度はそれほど差はないものの、でも黒い車の方が温度が高く、暑いのがわかりますね。また、ダッシュボードは車内温度よりもかなり高温になっていることがわかります。火傷してしまうぐらいの高温です。そこで少しでも高温にならないように、面倒でも是非したいのが「サンシェード」。サンシェードを装着した白い車の車内温度の平均は45℃と対策をしなかったときの白い車とあまり変わりませんが、ダッシュボードの最高温度は22℃も差があります。これはかなり効果があるといえますね。短い時間でも車内の温度はだんだん上がってきますから、温度が上がりにくいようにサンシェード装着がオススメです。

上記の実験でもわかるように気温が高いとダッシュボードはかなり高温になります。めがねや携帯電話を置くときは注意が必要です。また、消せるボールペンは温度が60℃になるとインキが透明になるため、文字が消えてしまいます。マイナス10℃以下になると色が元に戻り始め、マイナス20℃前後で色が元に戻るそうですが、状況によっては元に戻らないかもしれませんし、大事なメモが高温で読めなくなってもすぐに読めるようにならないので、このことにも注意が必要です。

黒い車がものすごく暑いのかと思ったら、車内温度は約5℃の差と思ったより白い車との温度差はありませんでした。しかし、表面の温度は色の影響があるようで、白い車と黒い車では表面温度が約20℃も差があるそうです。車内はあまり変わらないけど、やっぱり黒い車は暑い…ということですね。

下取りの査定額が高い色は?

1台の車を長く乗る人にはあまり関係のない話ですが、車は定期的に乗り換えたい、飽きたら乗り換えたいという人にとっては、車を下取りに出したときに少しでも高く買い取ってもらいたいのではないでしょうか。定期的に乗り換えるなら車を売るときのことを考えて査定額の高い色を選ぶのもアリですね。

走行距離などいろいろなことが査定に影響するのですが、それと同じように車の色も関係しています。人気がある色は高く買い取ってもらえます。その差は数万円~数十万円、50万円の差がつくこともあるので、無視できない要素のひとつですね。

白や黒などの人気色は車種を問わず人気があります。白なら日本ではただの白よりもパールホワイトの方が人気があります。黒は高級感のある色ともいわれています。若い男性なら黒の方がかっこよく見えますから
若い人が好みそうな車種なら黒が人気があって査定額が高くなるかもしれませんね。シルバーは若い人よりも年配の方に人気があります。白、黒の次に人気のある色ですから無難な色といえます。

赤や青、黄色、緑などの派手な色は個性的ですが、その分、高く買い取ってもらえない色です。ただ、白よりも赤の方が人気のある車種やフェラーリなら赤などのイメージがある車種なら、白や黒、シルバーじゃない派手な色でも査定額が高くなることもあります。

全体的には白、黒、シルバーなどの無彩色でシンプルな色が万人受けするので査定額が高くなる傾向にあります。日本では普通の白や黒よりもパールなどが入っている色が人気があって、査定額も高くなります。

キズや汚れが目立たない色は?

シルバー系の車は汚れやキズが目立ちにくいです。汚れやキズと似たような色をしたシルバーならまめに洗車しなくても汚れは気になりません。キラキラしたシルバーの色で汚れが目立ちにくいんですね。キズが少々ついていてもそれほど気になりませんが、綺麗に洗車してもあまり綺麗になったと実感できない色ではあります。ですが、花粉や黄砂の時期は綺麗にしてもキリがないくらい汚れますし、汚れていたとしても目立たない方がいいですよね。汚れが目立たないということで、シルバーは忙しくてなかなか洗車ができない人にオススメの色です。

さいごに

国や性別、住んでいる地域などによって色の好みの傾向が分かれたりするのは、なかなか面白い結果でしたね。目の構造や太陽光の当たり方なども関係しているのかもしれません。次回は色のお話の続き、標識やパトカーについて、そして車と色の関係をまとめます。

関連記事

  1. コラム4-2_車と色の関係-01-01

    自動車コラム

    車と色の関係2~標識の色やパトカーの色、車と色のまとめ~

    前回の車と色の関係についての続きです。標識の色信号機の色、日本や世界の…

  2. コラム2_アイキャッチ画像-01

    自動車コラム

    運転免許証取得までの期間はどれくらい?~通学か合宿、MTかAT、初心者マーク~

    学校を卒業して、もう春休みの人もいることと思います。そろそろ新生活の準…

  3. コラム10_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    軽自動車 所有台数が多い県は?

    小回りがきく、狭い道でも走りやすい軽自動車。軽自動車の保有台数は増加傾…

  4. コラム8_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    中古車を購入するとき、どこを見る?

    新車を購入するのと違って、中古車を購入するときはいろいろと気になること…

  5. コラム9_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    鳥のフン、塗装への影響と対策

    「いつの間に!?」「こんな所に!?」「運転するのに邪魔になる場所に…取…

  6. コラム7-01-01

    自動車コラム

    連休前にチェック!渋滞回避、暇つぶしの方法、眠気対策、知って得する特別転回など

    遠出が多くなる季節。連休は特に高速道路を利用する機会も増えますね。連休…

PAGE TOP