自動車コラム

連休前にチェック!渋滞回避、暇つぶしの方法、眠気対策、知って得する特別転回など

遠出が多くなる季節。連休は特に高速道路を利用する機会も増えますね。連休の高速道路といえば「渋滞」。そこで今回は高速道路や渋滞、渋滞のときの暇つぶしの方法などについて。

渋滞とは

NEXCO西日本によると高速道路の渋滞の定義は
時速40km以下で低速走行、あるいは停止発進を繰り返す車列が1km以上かつ15分以上継続した状態

渋滞の原因

車が多いとき、事故や工事で車線が少なくなっていたら渋滞が発生してしまうことがあります。これも渋滞の原因のひとつです。事故や工事でもないときの渋滞の原因は?どうして渋滞は起こるのか…どんな渋滞でも必ず先頭の車がいます。渋滞は先頭の車のせいなのでしょうか。

やっぱり車が多いから

渋滞の原因のひとつは、単純に「車が多いから」。連休は休みの人が多いので、そうなると考えることは皆同じ。「○○へ遊びに行こう」「帰省しよう」。そうなると高速道路を利用する人は増え、渋滞が発生しやすくなります。

ザクが原因

下り坂から上り坂にさしかかるところを「ザク」といいます。上り坂になると同じように走っていてもスピードが落ちてしまいます。前の車のスピードが落ちれば車間距離も短くなります。車間距離が短くなったら後続車はブレーキを踏んで減速します。その後ろの車も車間距離が短くなってブレーキを踏んで減速…と続くとやがて渋滞になってしまいます。上り坂だと分かればアクセルを踏んで速度を保つこともできますが、緩やかな上り坂などは気づかないうちにスピードが落ちてしまっていることもあります。

合流でも渋滞

高速道路で合流する車がいるときは、追い越し車線が空いていたら、そのときだけ車線変更して避けてくれる車もいますよね。そのまま走行車線を走っているときはスピードを落とすこともあると思います。そのとき減速すると後続車は車間距離が短くなるので減速します。これが続くと合流部分から後ろに渋滞が発生してしまいます。走行車線が混んできたら追い越し車線に車線変更する車もいます。追い越し車線を走っていた後続車が追いつくと減速。その後ろも減速すると渋滞が発生します。このように合流するところでは走行車線で渋滞が発生、そして追い越し車線に車線変更した車によっても渋滞が発生します。

トンネルなどでも渋滞が発生する

トンネルの入り口は視界が暗くなるため、速度が落ちやすくなります。トンネルの出口は反対に明るくなるため、速度が落ちやすくなります。このようにトンネルの出入り口では明るさが変化することによって無意識のうちにアクセルペダルを緩めてしまいがちになります。明るさの変化によって追突などの事故に繋がってしまうこともありますので、車間距離を開けるなど注意が必要です。

ペースメーカーライト

東京湾アクアラインの一部に設置されている「ペースメーカーライト」。LEDの青い光が渋滞の緩和するそうです。見た目はただの青いライトなのですが点滅するタイミングを調整することで、速度が遅いと青い光がどんどん先を行くように見えるんです。それによって無意識のうちに速度が落ちてしまっていることに気づくことができて、スピードが落ちるのを防ぎ、渋滞を緩和してくれるというもの。光がどんどん先を行くように見えるので『スピードを上げたほうが良いかな』と思わせてくれます。実際に効果もあるようです。「点滅する光」それほど複雑なものでもないのに渋滞が緩和されるとは!もっと設置箇所が増えれば、連休のニュースの渋滞情報の40km、50kmの渋滞も少しは減るのではないでしょうか。「ペースメーカーライト」のこれからに期待したいです!

渋滞を回避する方法は

どこの車線が一番進む?

走行車線と追い越し車線どちらにいれば早く進むことができるのか。渋滞で車が動かないと追い越し車線の方が車が動いているような気がして、実際走行車線は全然動いていないのに追い越し車線は動いているというときもありますよね。でも実は、一番左の走行車線にいる方が早く進むことができるんです。渋滞を回避しようと高速を出て一般道を走る車がいたり、トラックも一番左の走行車線を走っていることが多いので、トラックが多い車線の方が渋滞の長さは同じでも車の台数は少ないので早く進むことができます。追い越し車線の方が早いと思われがちなので、追い越し車線に車が集中することもあります。

トラックの後ろ

前が良く見えた方が運転はしやすいものです。前に大きなトラックがいると壁があるようで圧迫感を感じて『このトラックの前にいきたい』と大きなトラックだけ追い越し車線に車線変更して、追い抜かすこともあると思います。でも渋滞しているときはトラックの後ろにいる方が早く進める可能性があります。トラックの運転席は普通の車よりも高いので、遠くまで見渡すことができます。道路情報や周りの状況に詳しいトラックの後ろをついて行けば早く進むことができるかもしれません。

素通りで数十台前へ

サービスエリア・パーキングエリアに入って、そのまま利用せず素通りすることで数十台前に進むことができます。でも皆がこの方法を使うと合流で道を譲る一番左の走行車線がなかなか進まなくなってしまいますし、さらに渋滞してしまうこともあるかも…。あまり堂々と使える方法ではありませんね。入ったサービスエリアやパーキングエリアに駐車できずに仕方なく素通り…結果、何台か前に行けたというたまたま使う裏ワザくらいに思っておいて積極的な利用は控えた方が良い方法ですが、事故などがあって渋滞してしまい、どうしても時間が無く急いでいるときは使ってみてもいいかもしれません。

ETCレーンが混んでいたら一般の精算所へ

とても普及したETC。すんなり通れて楽ですが、普及したからこそ車が多いときには一般の精算所よりも混んでいることも。一般の料金所ならETCでもカードを抜いて清算することができます。ETCでゲートを通れば清算できるのに、カードを抜くのは面倒かもしれませんが、ETCのレーンがとても混んでいる場合は一般の精算所の方が早いこともあります。状況を見て試してみてはいかがでしょうか。

渋滞しないためにできること

渋滞はできるだけ減速しないこと、十分車間距離を空けることで防ぐことができます。緩やかな下り坂で気づかないうちにスピードが落ちてしまっていたり、急な割り込み、十分な車間距離を開けずに走っていると急にブレーキを踏んだりすると後ろもブレーキを踏まなければいけなくなり、それが渋滞につながってしまいます。

また、車線変更を頻繁にすると後続車の渋滞につながってしまいます。必要以上の車線変更も流れを変えてしまい、渋滞の原因になってしまいます。十分な車間距離を空けて走っていると前の車が自分の走っている車線に車線変更をしてくることがありますが、そのときも前の車との車間距離をもう一度空けて常に前の車と一定の距離を保って走行することで渋滞緩和につながります。さらに十分に車間距離を空けることで、事故を防ぐこともできます。

渋滞が5km以上になるとすぐに解消するのが難しくなってしまいます。最初から一定の距離を保って走行し続けることが渋滞緩和になります。近くに車があると、やはり何かあったらブレーキを踏んだりすぐに行動しないといけないので、余計に緊張したり疲れたりしてしまいますが、前に車がいないことで圧迫感もなくなり、リラックスして運転できるかもしれませんね。運転の基本ともいえる「車間距離を十分に確保する」ことが大切です。

渋滞を回避するには

難しいことはありません。「時間をずらす」だけ。出発する前に渋滞情報をチェックして出発する時間を早めたり、遅くします。少し時間をずらすだけでも全然違います。どこかにお出かけしてたっぷり遊びたいときは出発をなるべく早くした方が1日遊べますし、渋滞予測がない場所でも事故があったら渋滞が発生してしまうかもしれません。移動時間に時間を取られないように早めに出発するのがオススメです。帰省するなら出発時間を遅めにするのも良いですね。ゆっくり帰省できます。

また、渋滞にはまってしまったら長距離の移動の場合、渋滞が解消するまでサービスエリアやパーキングエリアでしばらく休憩するのもオススメです。中のお店は人がいっぱいかもしれませんが、車の中で寝て休憩すれば、起きたら渋滞が解消しているかもしれません。寝ている間に余計に渋滞してる…!ということが無いように、時間帯も考慮しつつ、情報を見て行動して下さい。

サービスエリアとパーキングエリアに違い

サービスエリア(SA)は約50km~60kmの間隔であり、トイレ、売店、ガソリンスタンドや食堂などさまざまな施設があります。温泉などもあり、テーマパークのように施設が充実しているところもあります。

パーキングエリア(PA)は約15km~20kmの間隔であり、トイレの他に、コンビニや売店のあるところもあります。

サービスエリアが大きい休憩所

パーキングエリアは小さい休憩所

というイメージでしょうか。でも、実際は区別がつけにくいようです。サービスエリアは大きな売店があったりするので人が多いですから、渋滞のときはトイレ休憩だけならパーキングエリアの方が空いている可能性があります。小さなお子様が一緒ならサービスエリアの方が子供用トイレなど充実していて利用しやすいかもしれません。

眠気対策

スピードを出して高速道路を運転していると、一般道よりも疲れてしまいますよね。午前2時~4時、午後2時~4時の時間帯は特に眠たくなりやすい時間ですので長時間の運転にはこまめな休憩が必要です。眠くなったら以下の方法を試してみて下さい。

噛んで脳を活性化

アゴを動かすと脳が活性化されるため、ガムは眠気覚ましに効果が期待できます。ミント系のガムがスッキリするので一番オススメなのですが、ミントのスッキリが苦手な人はぶどう味などの普通のガムか昆布やカリカリ梅など長時間噛めるものが効果的です。

話す、聞く、笑う

一緒にいる人と話したりすると気分転換になり、眠気もマシになります。眠くて眠くてしょうがないときでも、誰かと話しているといつの間にか『あれ?あんなに眠かったのに』と思うほど眠気がマシなっていることも。1人ならラジオから流れてくる会話を聞いて笑うのも効果があります。高速道路はあまり景色が変わらないので、静かな中で運転をしていると余計に眠くなってしまいます。好きな音楽を聴くのも良いですが、クラシックなどゆったりとした音楽はリラックスしすぎて眠くなってしまうかもしれませんので注意して下さい。楽しい賑やかな曲の方が眠くならないのでオススメです。

光を浴びる

寝る直前までスマホの画面を見たりしているとブルーライトの影響で目がさえてしまって眠れなくなります。だから寝る前はブルーライトを浴びないようにスマホの操作を控えたりしましょうといわれているのですが、それを利用する方法もあります。起きたい時間をセットするとその時間の前から光始めてどんどん強くなって朝日を浴びるように起こしてくれる光の目覚まし時計があるように、光を浴びると目が覚めます。スマホを操作して画面を見てみたり、コンビになど蛍光灯のもとに行って、あえてブルーライト(光)を浴びるのもひとつの方法です。ただ、スマホの画面をみると目が疲れてしまうので、蛍光灯のもとに行って光を浴びる方が良いですね。

仮眠+コーヒー

高速道路でもコーヒーを飲む人が多いように、コーヒーにはカフェインが含まれているため眠気覚ましに飲む人が多いと思います。コーヒーのパワーを最大限活用するためにコーヒーを飲んでから仮眠を取って下さい。コーヒーのカフェインが効き始めるまで15分~30分くらいかかります。仮眠は15分~20分くらいの短い時間がオススメです。コーヒーを飲んで、短い仮眠を取ると起きた頃にコーヒーが効き始めます。でも、起きてすぐは身体は起きていてもまだ脳がちゃんと起きていないので、ストレッチなどの軽い運動をしてから運転することが大切です。仮眠後の居眠り運転の事故も多いので、起きてからしばらく身体を動かして身体も目覚めさせてからの運転するようにして下さい。

あまり長く寝すぎるとスッキリ起きられないので逆効果になってしまいます。仮眠を導入している学校もあり、頭がスッキリしたり、午後からも授業に集中できるようになったりと効果がでているそうです。

眠くなったらコーヒーを飲んで少し仮眠。起きたら少し身体を動かしてから運転。

睡魔に勝つには睡眠を

コーヒーを飲んでから少しの時間仮眠を取る方法はNEXCO東日本・中日本・西日本でも仮眠の効果がアップする方法として紹介されています。仮眠を取るのも大切ですが、一番大切なのは長時間車を運転する前に十分な睡眠を取っておくこと。そして、長時間運転し続けるのではなく、2時間に1回は必ず休憩し、身体を休めて下さい。運転できる人がいるなら運転を交代してもらうと疲れも違いますよね。2時間経っていなくても、疲れたり、眠くなったらサービスエリアやパーキングエリアでこまめに休憩を取る。高速道路では一瞬で大きな事故につながってしまうので、特に注意したいですね。

暇つぶし

渋滞は時間もかかるし、なかなか進まないので暇ですよね。暇なときの暇つぶしの方法をいくつか紹介します。

音楽を聴く・歌う

暇つぶしというほどでもないですが、音楽を聴いたり、歌ったり、好きな曲ならあっという間に時間が経ってしまいますね。

ラジオ

音楽が多い番組もありますが、トーク番組もあるので、誰かの会話を聴いているだけでも暇つぶしになります。意外と自分の知らない情報が聴けたりするので、普段あまりラジオを聴かない人は気分転換に聴いてみると新鮮に感じられるかもしれません。最新の音楽をチェックできるのもラジオの良いところですよね。さらに最新のニュースや渋滞情報もあるので、車にいるときに聴くのがぴったりですね。

オーディオブック

時間が無くて本がなかなか読めない人、本を読みたいけど文章が苦手な人はオーディオブックで本を聴いてみるのはどうでしょうか。小説などのベストセラーや自己啓発、資格取得、語学、落語、アニメなどジャンルもたくさんあります。ナレーターや声優さんが朗読してくれるので、言葉もとっても聴き取りやすいです。ジャンルによっては文字を見ないと内容が分かりづらいものもあるかもしれません。ですが、英語を勉強したいときなど語学の勉強には耳から聴くオーディオブックが効果的です。外国人の人が朗読してくれるので、発音もちゃんと学ぶことができます。ひとりで運転しているときは話し相手もいないですし、車の中でできることも限られています。そんなときはオーディオブックで気になっている本の朗読を聴いたり、英語の勉強などスキルアップの時間にするのも暇つぶしになりそうですね。

しりとり

定番ですね。定番でやりすぎて飽きたという人は条件をプラスしたしりとりはどうでしょうか。条件を絞りすぎるとすぐにネタ切れになってしまうので注意して下さいね。

・条件をプラスしてしりとり
例:食べ物だけでしりとり

・二文字を取るしりとり
例:しりとり→とりにく→にくじゃが→じゃがいも・・・

・漢字でしりとり
例:酉年→年賀→賀正→正月→月見→見学→学校・・・

前半なぜかお正月の言葉が並んでしまいました。漢字でしりとりをするときは携帯にメモしながらしていくと思わぬ共通点が見つけられておもしろいかもしれませんね!

他にも一番後ろではなく、一番後ろのひとつ前の文字で考えてみるとちょっと難しいしりとりができますよ。
例:しりとり→とけい→けいと→いか→いるか→ルビー


2文字の言葉の場合は、このようにもう一度同じお題で考えます。

想像・妄想・空想

自分で好きなように話を作ってみるのはどうでしょう。運転手の人はほどほどに。漢字でしりとりをした後に、メモしたワードをお題にして話を考えたりしてもいかもしれません。漢字でしりとりで出たワードは漢字を繋げていくので、共通点があったりしてお話しがつくりやすいかも。自由な発想で面白い作り話ができるかもしれませんね!

決めた数字を言ってしまったら負けのゲーム

最初に「20」や「30」と数字を決めておいて1から順番に数字を言って最後に決めた数字を言った人が負けというゲーム。(言った人というか順番的に言わなければならない人が負けということですね。)一度に言える数は3つまでなど決めておきます。例えば、数を「30」と決めて時計回りに順番に言っていく場合、半分の「15」を言った人から順番を反時計回りに変えるとかすると、また違っておもしろいかも…?

ナンバープレートで計算

たし算やひき算だけじゃなく、かけ算やわり算もすればかなり頭を使います。

例:26-54 26+54=80 26×54=1404

足す・引く・かける・わるを使って「10」になるように計算してみても。

例:63-72 6÷3x(7–2) = 10

連想ゲーム

お子様とも一緒に遊べます。昔テレビでやっていたのを知っているなら「マジカルバナナ」のリズムに合わせて、知らなくても、リズムなしでも、パンパン!と手を叩いてリズムを作ってもOK。前の人が言った言葉から連想される言葉を言っていきます。

例:バナナ→フルーツ→いちご→赤い→消防車・・・

古今東西

お題を出してそれに沿った答えを順番に答えていきます。他の人が答えたものやお題に合わないもの、答えられなかったら負けです。

例:「都道府県」東京、千葉、大阪、京都、福岡

お題の例:都道府県、国の名前、野菜の名前、果物の名前、乗り物、花の名前、男性芸能人の名前、女性芸能人の名前、動物の名前、キャラクターの名前、漫画・アニメのタイトル

答えから、「これ好きだったんだ」「私も見てた」など話題が広がることもあるかも!

目に見えるものからクイズを考えてみる

最初の問題を目に見える景色から出題。その答えからまた新しい問題を考えていきます。

例:(大阪ナンバーの車を見て)Q.ビリケンさんがいるのはどこ? A.通天閣
→Q.東京にある赤と白の電波塔は? A.東京タワー
→Q.「新東京タワー」といわれていた2012年にできた電波塔は? A.東京スカイツリー
→Q.「東京スカイツリー」の高さは? A.634メートル

こんな感じで問題を作って答えていく。基本的にはなんでもアリです。ただ問題を好きに作って答えるのでも良いですが、問題に困ったらその前に出た答えから問題を考えるとクイズが続いていきますよ。

覚えておくと得するかもしれない「特別転回」

高速道路を利用するときは慣れない道を利用することも多く、カーナビを使っていても出口を間違えてしまうこともありますよね。高速道路は前にしか進めず、一方通行、Uターンすることができないので、間違えてもそのまま進むしかありません。間違えるとその分余計に料金がかかってしまう…。そんなときに利用できるかもしれないのが「特別転回」です。

ここで注意しておきたいのが、“間違えたからといって必ず特別転回できるわけではない”ということ。料金所の構造などによって特別転回ができないこともあります。「必ず」ではないので、ダメでもともと。できたらラッキーぐらいに思っておいた方が良さそうです。

特別転回ができるとき

・道路が通行できないとき(通行止めで目的の料金所に行けないなど)
・天候が悪いとき
・タイヤチェーンを持っていないとき
・降りるインターチェンジを間違えてしまったとき

特別転回の方法は?

出口を間違えてしまったら、とりあえずそのまま走行し、次のインターチェンジへ向かい出口へ。
勝手に転回したり、逆走は絶対にしないで下さい。

料金所の有人ゲートへ向かい、降りるところを間違えたことを伝えます。ETCの場合はカードを提示します。
ETCの場合は事前にETCカードを抜いておいて下さい。ETCカードを抜かずに料金所に行くと【ETC/一般】の場合勝手に清算されてしまうかもしれませんので注意して下さい。なるべく【一般】のみのゲートへ進んで下さい。

指示に従い、Uターン、入り口の有人ゲートへ向かい、ETCの場合はそこでもETCカードを提示します。

ゲートを過ぎたらETCカードを挿入します。

※NEXCO中日本にも行き過ぎてしまった場合について記載されているのですが、そこにこのような注意書きがあります。

Uターン(転回)後、最終の出口料金所でETCレーンをご利用の場合、開閉バーが開かないことがありますので、料金所スタッフのいるレーン、または、料金精算機が設置されているレーンをご利用ください。 万が一のことを考えてETCレーンの利用は控えて、有人ゲートなどを利用して下さい。

高速道路での逆走

高速道路は当然ですが、一方通行です。ですが、逆走する車もあり、事故になることも。特にインターチェンジやジャンクションでの逆走が多いようです。ドライバーの年齢は高齢者の割合が高いのが特徴です。落下物は落ちた直後でない限り、そこに落ちているため動きませんが、逆走車の場合は自分の車も逆送車も動いているため、認知してから近づくまで時間が極端に短く、一瞬のうちに判断する必要があります。

逆走車の危険

【走行している車線に逆走車がいた場合】
目の前に逆走車がいると正面衝突の危険があり、そのため接触を避けようと急なハンドル操作になってしまいます。普段、高速走行中はハンドルを少ししか動かしません。びっくりして急にハンドルを大きく動かしてしまうとスピンや転倒だけではなく、周囲の車に接触して巻き込んでしまう可能性があります。

【自分の走っている車線以外で前方に逆走車がいた場合】
逆走車との接触を避けようと自分の走っている車線に急に車線変更してくる可能性があります。前方に逆走車がいて、自分が走行中の車線以外で車がいた場合、前方を走っている車が自分の走行中の車線に車線変更してくる可能性を考慮し、注意が必要です。

【逆走車側】
たくさんの車が向かってくるように見えます。左の車線を走っているつもりで、逆走していた場合、追い越し車線を走っている場合が多いようです。向かってくる車は追い越し車線を走っているため、他の車線よりもスピードを出している可能性があります。

高速道路での運転はより慎重に

落下物があったときなど十分な車間距離がないと、前の車は避けられたけど、自分は避けきれずに落下物を轢いてしまうということもあります。車間距離を空けることで周囲の状況を把握しやすくなりますので、何かあったときに追突などせずに対処することができるかもしれません。高速道路ではスピードが出ているので、考える時間はほんの一瞬しかない、状況によっては考える時間なんてないときもありますが、前の車と車間距離が空いていたら少し考えて対応する時間ができるかもしれません。

高速道路では落下物の他にも故障車両、逆走車など様々なことが走行している道の先で起こっている、または自分の走行している周りで起きる可能性があります。十分な車間距離がなければ、何かあったとき自分も事故に巻き込まれてしまいます。そうならないように、渋滞緩和のためにも十分車間距離を保って走行することが大切です。

連休は普段あまり車を運転しない人など高速道路の運転に不慣れな人もたくさんいると思いますので、事故を未然に防ぐためにも車間距離に特に注意が必要です。

関連記事

  1. コラム7_アイキャッチ画像

    自動車コラム

    シートベルトとチャイルドシート~チャイルドシートの取り付け位置など~

    子供が生まれる前から用意しておく必要があるチャイルドシート。病院から退…

  2. コラム11_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    運転免許証 返納する? 運転を続ける?

    高齢運転者数が増えたことで、高齢ドライバーによる事故も年々増加していま…

  3. Print

    自動車コラム

    追い越し車線と追い越され方~思いやりも大切に~

    高速道路を走っていると追い越し車線をずっと走っている車がいます。でも実…

  4. コラム10_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    軽自動車 所有台数が多い県は?

    小回りがきく、狭い道でも走りやすい軽自動車。軽自動車の保有台数は増加傾…

  5. コラム3_アイキャッチ画像

    自動車コラム

    新車にスペアタイヤがないのはナゼ?~タイヤのはなし~

    以前は車に装備しておくのが義務だったスペアタイヤ。最近ではスペアタイヤ…

  6. コラム2_アイキャッチ画像-01

    自動車コラム

    運転免許証取得までの期間はどれくらい?~通学か合宿、MTかAT、初心者マーク~

    学校を卒業して、もう春休みの人もいることと思います。そろそろ新生活の準…

PAGE TOP