自動車コラム

中古車を購入するとき、どこを見る?

新車を購入するのと違って、中古車を購入するときはいろいろと気になることも多いと思います。走行距離、年式など中古車の注意点などについて。

走行距離

中古車の購入を考え、見に行ったときに気になるもののひとつ「走行距離」。車がどのくらいの距離を走っているかを見ることでその車の状態を見ることができます。例えば、車で通勤していれば、同じ車に長く乗っていると当然走行距離は長くなっていきます。

走行距離は何キロなら良い?

走行距離の目安としていわれているのが「1年1万キロ」。

10年落ちの車で走行距離が3万キロや5万キロだった場合、普段は電車通勤で週末に近くに買い物に行くだけだったり、もしかしたら長年放置されたままだった車かもしれません。屋根も無い駐車場にずっと放置されていた車だったら…。状態が良いとはいえません。

2年落ちの車で走行距離が5万キロや7万キロだった場合、車通勤をしている、遠出する機会が多いなど走行距離は長いのですが、高速道路を良く運転する場合はダメージが少ないので、ほとんど乗られていない車よりは安心できます。

機械は使わなかったら調子が悪くなったり、壊れて動かなくなってしまったりすることがあると思いますが、車にも同じことがいえます。走行距離が短く古い車、走行距離が長く新しい車を比べると走行距離が長いから悪いとは限りません。良く運転されている車の方が状態が良いこともあります。中古車が売られるまで、その車がどのように乗られていたのか過程を正確に知ることはできませんので、やはり走行距離については目安の「1年1万キロ」で探すのが無難です。

価値が下がる走行距離は?

中古車の価格が下がるのは5万キロ、10万キロといわれています。4.5万キロと5.5万キロ、9.5万キロと10.5万キロで価格が大きく違うこともあるので、状態によってはお買い得な中古車を見つけられるかもしれません。

10万キロを超えた中古車の注意点

走行距離が10万キロを超えると価値はかなり下がり、安い値段で買うことができます。買うときの価格が高いか安いかだけでいえば、安いほうが良いと思いますよね。ですが、車は古くなればなるほど、部品の交換が増えたり、車によっては故障が増えたりして、せっかく安く買えたのに、部品交換や修理にお金がかかってしまうということにもなりかねません。10万キロを超えていてもきちんとメンテナンスされている車ならお買い得なこともありますが、10万キロを超えた中古車は修理したり、維持費がかかるかもしれないという点には注意して購入を検討して下さい。

オドメーターとトリップメーター

オドメーター

オドメーターとは車が完成してから現在までの「累計走行距離」を表示するもので、積算走行距離計ともいわれます。
中古車を購入するときに見る走行距離はこのオドメーターに表示されている距離を見ることになります。メンテナンスのときにも目安として使われています。リセットされることはないのですが、メーターパネルを交換していないか中古車を購入するときはチェックしましょう。

トリップメーター

トリップメーターはリセットすることができます。
「区間走行距離」を知ることができる
ので、例えば家から会社までどのくらいの距離かを調べたり、ガソリンを満タンに給油したときにゼロにしておけば、燃費の計算もできます。車によって異なりますが、「A」「B」など複数の計測ができる車種もあります。複数の計測ができれば、家から目的地までAの道で行く方が近いのかBの道で行く方が近いのか比べることができます。

走行距離の限界は

日本では走行距離が10万キロを超えると「そろそろ乗り換えの時期かな」「買い取ってもらえるかな」と考えられます。海外で人気の日本車。テレビで見ると日本語が書いてあるボロボロな日本車が海外で今も活躍していますよね。海外は広くて移動距離も長いでしょうし、走行距離は日本よりも長くなりやすい。10万キロで乗り換えるなんて、早すぎるのかもしれません。

海外ではもっと走っている日本車

海外の反応を見ると、100万キロ以上走行したという日本車もあるようで、メンテナンスをすればずっと乗れるのでは?という意見もあるほど。100万マイル(約160万キロ)を走行した車がいくつか紹介されている記事の中には日本車もありました。例えば、ホンダのアコード。メンテナンスをすれば日本車でも100万キロ以上を走行している車もあるので、走行距離だけで考えず、いろいろな状態見て検討して下さい。

ギネス記録はもっとすごい

160万キロでもすごいのですが、さらにびっくりするのがギネス記録。1966年製のボルボ社の「P1800」を所有する男性の記録は300万マイル(約480万キロ)。個人が1台の乗用車で走行した距離の世界記録として、自らのギネス記録を更新したというもの。その距離は地球120周分に相当するそうです。壊れたりした部品は交換し、日常的なメンテナンスは自分で行っているそうです。愛車への愛情に車もこたえてくれているのかもしれませんね。

年式

中古車を購入するときは年式にも注目しておきたい。年式の低い車(古い車)ほど安くなります。なんでもそうですが、新しい物が発売されると古い物は安くなりますよね。車も同じ。性能が変わることもあれば、ちょっと色やデザインが変わるだけのことも。性能はいい方がいいけど、色やデザインが変わるだけなら気にならないということもあると思います。購入しようと考えている車の年式も調べてから購入することで、より自分の欲しい車を見つける手がかりになります。

新車を買った人が乗り換える時期に注目

自分の欲しい車種の発売時期から、3・5・7年後は車検の前に乗換えを検討するタイミング。そこで乗り換えた人がいたら、中古車の台数が増える可能性があります。欲しい車種の中古車の台数が増えれば、中古車の価格が下がる可能性もあるので、自分が購入を検討する車種の発売がいつなのかチェックしておくと、お得に購入することができるかもしれません。

中古車の試乗

気になる車が見つかったら試乗して運転しやすいかどうかなどチェックしておくことは、買ってから後悔しないためにも大切です。中古車を試乗することができるかは、中古車販売店によって異なります。保険に入っていなかったり、車検が切れていて、公道を走ることができないため試乗するスペースがなかったり、事情があって試乗ができないこともありますが、試乗ができない理由をちゃんと説明してくれる中古車販売店は信頼できますよね。きちんとした理由を説明せずに試乗も断る中古車販売店での購入には注意が必要です。時間がかかっても試乗してからの方が納得して購入できますし、思ったより運転しづらい場合などは他の車種にするなど検討し直すことも可能です。中古車とはいえ、数千円で買える安い買い物ではありません。買ってから、しばらく乗ることを考えるとやはり後悔はしたくないですよね。自分の目で見ただけでは気づかないことを知ることができる試乗はできるだけしておきたいものです。

試乗のときに注意すること

中古車を試乗したいときは、まず中古車販売店に連絡し、試乗ができるか確認しておきましょう。中古車販売店を見ると隙間無く車が駐車されていることがありますよね。自分の試乗したい車がが端にあれば、すぐに試乗することもできるのかもしれませんが、場所によっては車を何台も移動させなければならない場合もあります。試乗できない場合もありますので、中古車販売店まで行ったのに試乗できないとわかるよりは事前に調べておいた方が良いですし、事前に試乗したいと伝えてある方が販売店の方も準備ができて、スムーズに対応してもらうことができますよね。

中古車をチェックしたいなら天気もチェック

中古車にキズがどの程度あるのかなど、ちゃんとチェックしたいなら天気が悪い日は避けましょう。雨の日、傘をさしながらだとチェックしにくいですし、雨で車が濡れていると細かいキズも見えづらくなってしまいます。夜などで暗くなっても見づらいので、明るい昼間のうちに。逆に天気が良すぎるのも太陽の光が強すぎてチェックしにくくなるので、暗すぎない少し曇りくらいがオススメです。

修復歴

修復歴がある車はそうでない車に比べて故障する可能性が高い。もしかしたら購入してすぐに乗れなくなってしまうかもしれない。実際にどんな影響が出るのか、購入して乗ってみないとわかりません。だから価格も安いのですが、修復歴があるから絶対購入しない方が良いということはありません。

例えば、免許を取りたてで運転に自信がない場合、運転に慣れるまでの練習で乗りつぶすなら、価格の安い修復歴車を購入するのも良いかもしれません。最初から新車の運転は緊張しますが、中古車で、それも安ければ多少ぶつけてしまっても、新車ほど気になりませんよね。転勤などで短期間だけ車が必要になった場合なども短期間なら価格の安い修復歴車を選ぶのもいいかもしれません。しかし、自分が所有した後、売りに出しても高額で売れないため、後で売ることを考えているなら購入しない方が良いでしょう

修復歴車避けるべき?

修復歴車は購入してすぐに故障してしまうかもしれないし、修復歴車ではない中古車と同じくらい長く乗れるかもしれない。思ったより長く乗れたら安く購入できてお買い得。すぐに故障してしまったら修理してお金がかかってしまうか、乗れなくなってしまう。購入してみるまでわからないリスクがあるのは確かです。それが気になるのなら修復歴車は購入しない方が良いでしょう。ただ、「修復歴車は修復したのがどこなのか」がポイントです。

修復歴に注意

修復歴車という言葉から修復歴、つまり車を修理すると修復歴アリになると思っている方も多いのではないでしょうか。修復歴には定義があって、それ以外の箇所を修理したとしても修復歴には含まれないということをご存知ですか。

お店の人に「修復歴はありますか?」と聞いても「無いです。」と言われて購入したら修理したと思われる箇所を発見。でも実は修復歴に含まれない修理だったから。お店の人は嘘はついていません。確かに修復歴だといわれる箇所を修理していなかったら「修復歴なし」となるのです。そこで「でも○○と○○は修理しています」といってくれるかはお店の人次第ということでしょうか。親切に細かく教えてくれれば良いですが、修理となるとイメージが悪くなるので、なかなかお店の人からは説明してもらえないかもしれません。購入する側がある程度知識を身につけて、自分から確認することが大切ですね。

修復歴に含まれない部分でもどこをどのように修理したのかは、購入するとなれば気になるところだと思いますので、購入前に「修復歴に含まれない修理をしたことはあるか、あるならそれはどこなのか」を聞いて自分がその箇所が気になるかどうかも判断しておきたいですね。

修復歴車の定義は?

フレーム(骨格)を交換したり、修復したりすると「修復歴車(事故車)」となります。それ以外は直していても「修復歴車にはならない」ということです。何か修理すると「修復歴」になるわけではないのです。例えば、車上荒らしに遭いガラスを割られて直しても、修復歴には含まれません。

修復歴になる部分(日本自動車査定協会より)
・クロスメンバー
・フロントフロア
・インサイドパネル
・ピラー
・ルーフパネル単体交換
・トランクフロア
・リアフロア
・リアサイドメンバーの修理
・フロントサイドメンバー
・ピラー交換
・ルーフ(ピラーから)
・フレーム
・フロア
・フロアサイドメンバー
・ダッシュパネル

ネジ止めの部分は修復歴には含まれません。

ちょっとぶつけて修理したぐらいでは「修復歴」にはならず、骨格を修理したとなると修理する前の状態が酷かったんだと想像できますし、「事故車」ともいわれる理由がわかりますね。ちゃんと修理すれば問題なく、まだ乗れる車もありますが、やはりどこをどのように修理したかは聞いておいたほうが後悔せずに済みますし、修理している箇所を見て納得してからの購入をオススメします。

さいごに

中古車を購入するときは新車と違って同じ車種でも状態がそれぞれ違うため気になるところはいろいろあると思います。古いからといって状態が悪いものばかりではありません。きちんとメンテナンスされている中古車は大切に乗れば、まだまだ乗れるという車も多いはず。人によって優先したい条件は異なります。古くて状態があまり良くないけど、小さい頃から乗りたかった憧れの車に乗ることができるのも中古車のいいところ。是非たくさんの車の中から自分のお気に入りの車探して下さい。

関連記事

  1. コラム7-01-01

    自動車コラム

    連休前にチェック!渋滞回避、暇つぶしの方法、眠気対策、知って得する特別転回など

    遠出が多くなる季節。連休は特に高速道路を利用する機会も増えますね。連休…

  2. コラム9_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    鳥のフン、塗装への影響と対策

    「いつの間に!?」「こんな所に!?」「運転するのに邪魔になる場所に…取…

  3. コラム1_アイキャッチ画像

    自動車コラム

    猫の命を守る!猫バンバンでエンジンルームを確認

    冬といえばコタツ。コタツと言えば猫。 暖かい所が大好きな猫の命を守るた…

  4. コラム4_車と色の関係-01

    自動車コラム

    車と色の関係1~人気の色ランキングや事故率、色が与える影響は?~

    車を選ぶとき、車種が決まったら、何色にしよう…?この色にしようとすぐに…

  5. コラム10_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    軽自動車 所有台数が多い県は?

    小回りがきく、狭い道でも走りやすい軽自動車。軽自動車の保有台数は増加傾…

  6. コラム3_アイキャッチ画像

    自動車コラム

    新車にスペアタイヤがないのはナゼ?~タイヤのはなし~

    以前は車に装備しておくのが義務だったスペアタイヤ。最近ではスペアタイヤ…

PAGE TOP