自動車コラム

免許証のあれこれと交通安全協会に加入するメリットは?

車を運転できる証、運転免許証。運転免許証を見ればわかることや運転免許証について知っておきたいことなど、今回は車を運転するときは必ず携帯していなければならない運転免許証などについて。

運転免許証の色の違い

運転免許証の有効期限欄にある色は3種類あります。

グリーン

初めて免許証を取得した人はグリーンの免許証が交付されます。有効期限は3年間でその後はブルーの免許証になります。グリーンの免許証は初心者のときだけの色で、途中でグリーンに戻ったりすることはないので最初だけの特別な色とも言えます。

グリーン免許の間に3点以上の違反をすると講習を受けなければいけなくなります。運転免許証を取得してから1年間は初心者マークを表示しなければいけません。もし捕まってしまうと「初心運転者表示義務違反」になり違反点数1点、反則金は普通車で4,000円。

初心者マークをつけなければいけないのに、つけていないことは見ただけではわかりませんが、もし何か怪しいと思われて職務質問を受けたり、飲酒検問などがあった場合などは見つかってしまうかもしれません。他の違反をしてしまったときに「まだ初心者だよね?」と指摘されてしまうと違反点数がさらに加点されてしまうので、違反点数によっては講習を受けなければいけなくなります。

普段乗る車にずっと初心者マークをつけていれば問題ないですが、自分が乗るときだけつけている場合は忘れないように注意が必要です。初心者ではない人が初心者マークをつけた車に乗っていても違反にはならないので、気にならないなら家族に初心者マークをつけなければいけない人がいるときは、ずっと車につけておくのも良いかもしれません。

 

ブルー

最初の更新で交付されるのはブルーの免許証です。運転者区分は、一般運転者、違反運転者、初回更新者の3種類に区分されています。有効期限は3年間か5年間です。

一般運転者:過去5年間に軽微な違反が1回(3点以下)
違反運転者:過去5年間に違反がある
初回更新者:運転免許を取得して初めての更新

このうち違反運転者と初回更新者の有効期限は3年間。一般運転者の有効期限は5年間ですが、年齢によって少し変わります。

71歳  :4年間
72歳以上:3年間
70歳以下:5年間

 

ゴールド

ゴールド免許は過去5年間、無事故無違反だった人しか持てません。ゴールドという色と「優良」の文字がちょっと特別な感じがして嬉しくなりますよね。安全運転をしていればゴールド免許になるのが普通なのですが、車に乗る頻度が多いとゴールド免許になるのはなかなか難しいものです。ゴールド免許の有効期限は5年間で、講習時間も30分と短くて更新もスムーズに終わります。自動車保険の割引を受けられるのもゴールド免許のメリットです。

ゴールド免許でも年齢によって有効期限が変わります。

70歳以下:5年間
71歳  :4年間
72歳以上:3年間

 

運転免許証のICカード化

平成19年(2007年)から運転免許証のICカード化が始まり、約3年で段階的に全国に導入されました。これにより免許証から本籍の欄がなくなりました。以前よりスッキリしましたよね。紛失や盗難被害で変造されたとしても、記録されているデータとIC チップ内のデータが異なると不正使用だとバレてしまうのでセキュリティ対策として有効です。

ICチップには、氏名、生年月日、住所、本籍、交付年月日、有効期間末日、免許の種類、免許証番号、顔写真などの情報が記録されています。

 

暗証番号

免許証がICカード化されたあと免許証の更新に行ったとき4桁の数字を2組設定しましたよね。この暗証番号はICチップに入っているデータを読み取るときに必要になります。番号の設定は任意ですが、IC読取装置を持っている人が約10cmの至近距離まで近づくとICチップ内の情報を読み取られる可能性もあるようなので設定しておいたほうが安心です。暗証番号の変更は、更新、再交付など免許証の交付を受けるときのみ行えます。

 

暗証番号で見ることができる情報
暗証番号1:氏名・住所・免許証番号などの本籍と顔写真以外の情報
暗証番号2:(暗証番号1とあわせて入力することで)本籍・顔写真

 

暗証番号を忘れてしまったら

暗証番号は本人が運転免許センターや警察署交通課の窓口などに免許証を持参すれば照会することができます。電話やメールなどでは照会できません。免許証の更新や再交付などで新に免許証の交付を受けるときには、新しく暗証番号を設定するので、前に設定した暗証番号を覚えている必要はありません。忘れてしまってもあまり困ることはないようなので、いざというときのために、忘れても照会できることだけ覚えておけば良いのではないでしょうか。

 

運転免許証の再発行について

盗難被害に遭うなど、もしも免許証を紛失してしまった場合は、免許センターや警察署で再発行の手続きをする必要があります。免許証の期限が切れたわけではないので、免許証の効力が消えることはありませんが、手元になければ当然車の運転をすることはできません。無免許運転にはなりませんが、車を運転するときには免許証を携帯していなければならないので、免許証不携帯ということになりどちらにしても交通違反となってしまいます。ちょっとぐらい大丈夫だと思っても、そういうときに限って捕まったり、見つかったりするものです。仕事で車を運転しなければいけない人は特に再発行まで運転できないのは不便かもしれませんが、免許証を手にするまでは運転しないようにしましょう。

 

再発行できる場所は?

・免許センター
・運転免許試験場
・警察署

 

再発行に必要なものは?

・運転免許証再発行交付申請書
・運転免許証紛失顛末書
・身分証明書
・証明写真
・印鑑
・再発行の手数料 3,500円

「運転免許証再発行交付申請書」と「運転免許証紛失顛末書」は免許センター、運転免許試験場、警察署に置いてありますので、事前に用意する必要はありません。証明写真は胸から上の写真で背景は青色か薄い灰色か茶色の単色、申請の6ヶ月以内に撮影したもの、縦3.0cm、横2.4cmのサイズものを1枚用意しておきましょう。

 

どのくらい時間がかかるの?

場所やその日の混雑具合によっても異なりますが、1時間から2時間、長ければ約半日くらいかかるので早めに行って、手続きをした方が良さそうです。免許センターや運転免許試験場でし発行の手続きを行った場合は、その日のうちに再発行してもらうことができます。警察署で再発行の手続きを行った場合はその日のうちに免許証を受け取ることはできませんし、後日警察署に受け取りに行かなければいけません。また受け取れるまでに約1週間から3週間かかるので、早く運転がしたい場合や、免許証が必要なときは免許センターや運転免許試験場で手続きすることをオススメします。

 

免許証を見れば再発行した回数がわかる

免許証の【番号】欄には12桁の番号が記載されています。

例: 第 123456789000

この最後の1桁をみると、だいたいの人は「0」になっていると思います。ですが、免許証を再発行すると1、2、3と数字が増えていきます。再発行の回数に上限はありませんが、あまりにも頻繁に再発行すると何かあるのでは?と疑われるかもしれません。ひったくりなどの被害に遭ってしまったのなら仕方がありませんが、再発行するのにもお金がかかりますし、できるだけ免許証はなくさないように注意しましょう。

 

古い免許証はもらえる!?

免許証は更新するたびに新しい顔写真になります。海外では最初に免許証を取得したときに撮った写真がそのまま使われている国もあるそうです。例えば、50代の人に「免許証を見せて下さい」とお願いすると20代のころの写真が・・・20代に免許証を取得、50代になっても20代のときの写真のままという国もある。日本では考えられませんね。

免許証を更新するときに撮ってもらう写真はなんといっても一発勝負。緊張しますよね。タイミング悪く瞬きでもして目を閉じてしまっていない限り、よっぽどのことがないと撮りなおしはありません。更新するのは数年後ですし、それまではずっと写真は変わらないと思うと緊張する人も多いと思います。今回の写りはイマイチだったなというときもあれば、今回の写り良い!と思うことも。いくら写りの良い写真でも次の更新のときには写真は新しいものに変わってしまいます。そして更新して新しい免許証を受け取れば古い免許証は使えなくなりますから、そのまま回収されることになります。

でも実は古い免許証はもらうことができるんです。といっても都道府県によって違うようなので必ずもらえるとは限りません。今までの免許証を全て記念にとっている人もいるようです。ICカード化されてからは全て回収されているというところもあるとか。言えば返してもらえるところもあれば、言わなくても返してくれる、返却を希望するか聞いてもらえる、聞いたけど忙しいから返却できないと言われたなどなど都道府県によって違うので、もしかしたら希望しても返してもらえないかもしれません。写真撮影のときなどに「古い免許証を返却してもらえますか」などと聞くだけで、特に書類が必要というわけではありません。記念に手元に置いておきたい人や、何かの手続きをしていて、念のため手元に残しておきたい場合など、聞くのはタダなので聞くだけ聞いてみてはいかがでしょうか。

返却された古い免許証は穴が開けられており、裏には【更新免許証交付済】【無効】のはんこが押されているので、見れば無効の免許証だとわかるようになっています。手元に残しておくときは有効な免許証と間違えないように注意が必要です。見ればわかるとはいえ、もしも有効な免許証だと思って無効な免許証を携帯していれば、免許証不携帯の交通違反になってしまいます。

 

交通安全協会に加入するメリットはあるの?

免許証を更新するときに交通安全協会に加入するかどうか聞かれます。その聞き方が加入が任意であることが分かりづらく、なんとなく入らないと運転免許証更新連絡書が届かないのでは?と思い、仕方なく加入していた人も多いはず。でも、運転免許証更新連絡書は公安委員会が発送しているので、交通安全協会とは関係がありません。

交通安全協会会員の特典
・運転免許証ケースがもらえる
・チャイルドシートのレンタルができる
・交通安全DVDの貸し出しができる
・交通事故入院見舞金制度への参加資格の取得
・協賛店からの割引
など

この中ではチャイルドシートのレンタルが一番利用できそうですが、あまり好評ではないようです。探せばいろいろレンタルもできますし、交通安全協会に加入してレンタルを利用しなくても良いのではないでしょうか。協賛店からの割引サービスは都道府県によってページが異なるので協賛店を探しやすい県とそうでない県があるように感じます。群馬県のサービス協賛店では、眼鏡、補聴器がセール価格から20%割引・コンタクトレンズがセール価格から10%割引やランチタイムにデザートをサービスなどのサービスがありました。脳ドックの割引をしてくれる県もあるようです。

これといって交通安全協会に加入するメリットがあるようには感じられませんが、自分が住んでいる都道府県の割引サービスを調べてみてお得なようなら加入を考えてみてもいいかもしれません。

 

年会費はいくら?

交通安全協会の会費は1年間で500円です。

1年で500円と聞くとそんなに高くないかなとも思えますが、500円×有効期限年数なので、優良運転者の人は有効期限が5年なので500円×5=2,500円、有効期限が3年なら500円×3=1,500円支払わなければいけません。

免許証の更新にかかる費用は優良運転者なら3,000円、一般運転者なら3,300円、初回・違反運転者は3,850円。これに交通安全協会の年会費を合わせると優良運転者なら5,500円もかかってしまいます。車で行かない場合は交通費もかかると考えるとかなり高額に感じてしまいますね。

 

さいごに

免許証の色の違いや暗証番号について、古い免許証は手元に残しておけるかもしれないなど、気になることをまとめました。交通安全協会への加入は任意ですので、必要なければ断りましょう。断っても運転免許証更新連絡書は届きますので安心して下さい。

関連記事

  1. コラム4_車と色の関係-01

    自動車コラム

    車と色の関係1~人気の色ランキングや事故率、色が与える影響は?~

    車を選ぶとき、車種が決まったら、何色にしよう…?この色にしようとすぐに…

  2. コラム3_アイキャッチ画像

    自動車コラム

    新車にスペアタイヤがないのはナゼ?~タイヤのはなし~

    以前は車に装備しておくのが義務だったスペアタイヤ。最近ではスペアタイヤ…

  3. コラム18_アイキャッチ画像-01-01

    自動車コラム

    日本初のドライブスルー~定着するのか~

    2017年内に日本初のドライブスルーの葬儀場がオープンします。ドライブ…

  4. コラム8_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    中古車を購入するとき、どこを見る?

    新車を購入するのと違って、中古車を購入するときはいろいろと気になること…

  5. コラム10_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    軽自動車 所有台数が多い県は?

    小回りがきく、狭い道でも走りやすい軽自動車。軽自動車の保有台数は増加傾…

  6. コラム17_アイキャッチ画像-01

    自動車コラム

    東京オリンピック・パラリンピック特別仕様のナンバープレート デザイン決定!

    リオオリンピックが終わり、次の夏季オリンピックは、いよいよ日本の東京オ…

PAGE TOP