自動車コラム

視力が回復したら、免許証の限定解除をしよう!

普段は裸眼で生活に困らないけど、遠くは見えづらいという人。また、目が悪くいつもメガネをかけていたり、コンタクトレンズをつけている人の中には手術を受けて視力が回復した人もいると思います。運転免許証を取得したり、更新したりするには一定の視力が必要です。そこで今回は運転免許証更新時の視力検査や視力が回復したらしなければならない免許証の条件解除などについて。

視力検査はドキドキ

運転免許証を取得したり、更新したりするときに必ずある視力検査。ここで普段メガネをかけたり、コンタクトレンズをつけていない人の中には検査に合格できるかドキドキしている人もいると思います。前回は大丈夫だったけど、今回はどうだろうと心配なら念のためメガネを持っていきましょう。「眼鏡等」と免許証になくても、見えづらいから普段からメガネをかけて運転している場合は、とりあえずメガネなしで検査します。

 

視力検査で必要な視力は?

原付免許・小型特殊免許
両目:0.5以上
片目:0.5以上かつ、視野が左右150度以上

 

普通第一種・中型第一種(8t限定中型)・二輪・大型特殊
両目:0.7以上かつ、片目が0.3以上
片目:0.7以上かつ、視野が左右150度以上

 

大型第一種・中型第一種(限定なし)・けん引・第二種
両目:0.8以上かつ、片目が0.5以上
片目:左右どちらかの目が0.5未満の場合は不合格
深視力検査:3回行い、3回の平均誤差が2cm以下なら合格

 

深視力検査とは?

視力にはあまり関係がありません。遠近感や立体感を把握できているかを検査します。立体的に表示された3本の棒があり、中央の棒が奥や手前に移動します。その3本の棒が横に一直線に並んだタイミングで移動を止めるという検査です。この検査を3回繰り返し行います。

 

検査で不合格になってしまったら

・その場で時間をあけてから再度検査を受ける
・後日、検査を受けなおす

 

時間をあけて再検査

今まで裸眼で大丈夫だった人が不合格になった場合は、メガネを持っていれば再検査のときにメガネをかけて検査を受ければ、次は合格できるはずです。(メガネの度がちゃんと自分に合っているメガネを用意して下さい。)でも免許証には「眼鏡等」と記載されますので、運転するときは毎回メガネをかけるか、コンタクトレンズを使用していなければいけません。

目の見え方は一日のうちで変化するものです。夕方や夜はよく見えないと感じることもあると思います。テレビを見たりパソコンをしたり生活していると疲れてきてだんだん見えにくくなっていきます。検査を受けるなら朝なるべく早い時間の方が目が疲れていないのでよく見えます。

免許証に「眼鏡等」と記載されるのが嫌だという人は、その場で時間をあけてからもう一度裸眼で検査することもできます。そのときは見えにくかったけど、時間をあけて目の体操などをしたりして、目の疲れがとれたらもしかしたら次の検査は合格するかもしれません。でもそれで合格できたとしても一度不合格になるということは、運転するために必要な視力が足りていないのと同じようなものなので、普段はメガネをかけて運転する方が良いでしょう。

 

後日、検査を受けなおす

再検査をしても不合格だった場合は、その日に免許証の更新をすることはできません。日を改めて更新に行く必要があります。裸眼で不合格になった場合はメガネやコンタクトレンズを用意して後日、検査を受けましょう。

 

再検査の費用は

視力検査で不合格になっても、手数料を収めたときにもらった証紙が貼られた申請書を返してもらうことができるので、後日改めて更新に行ったときに返してもらった申請書を使うことができます。視力検査をしてから証紙を購入するところもあるそうですが、都道府県によって異なります。手数用は返金してもらえませんが、視力検査に不合格になってもさらに費用がかかることはありません。

 

有効期限に注意

視力検査で不合格になり、その日のうちに免許証を更新できなかった場合、気にしておかなければいけないのが運転免許証の「有効期限」です。期限ギリギリで更新に言った場合、後日改めてとなると有効期限が切れてしまう可能性もありますよね。いざというときのためにあらかじめ日にちに余裕を持って更新に行きたいところですが、難しい場合もあると思います。有効期限が近い場合は「○月○日にまで有効」というハンコを押してもらえるので、ハンコの期限が過ぎる前に再度更新手続きに行きましょう。

 

有効期限が切れたら

もし有効期限が切れてしまったら6ヶ月以内なら再取得が可能です。期限が過ぎてからどのくらい経過しているかによって違います。遅くなるとどんどん再取得がしづらくなってしまいます。

失効後から6ヶ月以内
視力検査などの適性試験を受験し、所定の講習を受講すれば、学科試験と技能試験は免除され、運転免許証を再取得することができます。

 

失効後から6ヶ月以上1年以内
大型自動車、中型自動車、普通自動車の免許保有者は一部試験が免除されます。視力検査などの適性試験を受験し、所定の講習を受講します。学科試験と技能試験は仮免許の試験が免除されます。本免許の学科試験と技能試験に合格すれば、運転免許証を再取得できます。

 

失効後から1年以上
免除はされません。全てやり直しです。いちから運転免許証を取得しなければなりません。

 

やむを得ない理由

失効後から6ヶ月~3年以内なら、入院や災害、海外旅行、身柄拘束などの理由で免許証の更新ができなかった人は「やむを得ない理由」にあてはまります。やむを得ない理由と認められると有効期限が切れていても学科試験や技能試験が免除されることもありますので、相談してみてはいかがでしょうか。ですが、「やむを得ない理由で失効後6か月以内に手続ができなかった方で、その事情が止んで1か月以内かつ失効後3年以内の方」となっています。失効後から6ヶ月以上3年以内は6ヶ月以内と同じく学科試験と技能試験は免除されます。

失効後から6ヶ月以内
視力検査などの適性試験を受験し、所定の講習を受講すれば、学科試験と技能試験は免除され、ゴールド免許などの運転条件も引き継ぐことができます。

 

失効後から6ヶ月以上3年以内
視力検査などの適性試験を受験し、所定の講習を受講すれば、学科試験と技能試験は免除されますが、ゴールド免許などの運転条件は引き継ぐことができません。

 

失効後から3年以上
免除はされません。全てやり直しです。いちから運転免許証を取得しなければなりません。

 

目のツボを刺激して疲れをとる!

目が疲れていてよく見えない場合もありますので、「いつもはもう少し見えるのに・・・」と思ったときは目のツボを刺激してみましょう。スッキリして、よく見えるようになるかもしれません。また、目を温めるのも効果的です。蒸しタオルでも効果がありますが、最近は電子レンジを使ったりして目を温めるグッズもたくさんありますので、自分に合ったものを探して目の疲れをとりましょう。

 

ツボの位置

太陽(たいよう)
眉毛の外側、こめかみからやや目尻よりの辺りにあります。

四白(しはく)
黒目から2cmくらい下にあります。

清明(せいめい)
目頭のやや上にあります。

 

 

 

 

 

 

視力が回復したら

レーシック手術などを受けて視力が回復したら、メガネやコンタクトレンズを使わなくても快適に毎日を過ごすことができますよね。普段の生活でメガネなどが必要なくなったら、運転するときもメガネなどは要らなくなるのですが、そのときは「条件解除」をしなければいけません。

 

解除しないと違反

視力が回復したのに条件解除をしないまま、裸眼で運転した場合「免許条件違反」となり、違反点数2点、反則金は普通車が7,000円、大型車は9,000円です。視力が悪くなったわけではないし、運転に支障がないのになせと感じるかもしれませんが、視力が回復したら早めに申請して条件を解除しておきましょう。条件解除をせずに裸眼で運転していたら違反になってしまうなんて意外ですよね。レーシック手術を受けて視力が回復した、手術を受けようと考えているなら注意が必要です。

 

条件解除の申請場所は

・運転免許センター
・警察署
免許証の住所地を管轄する運転免許センターか警察署でしか行うことができません。

 

免許証の条件解除

窓口で運転免許証を提示し、限定解除申請書に必要事項を記入し、適性検査を受けることで簡単に条件解除の手続きをすることができます。条件解除の手数料は無料です。免許証の裏に「眼鏡等条件解除」などとハンコが押されます。次回の更新からは「眼鏡等」の記載はなくなります。また、視力回復の手術などを受けた時期がちょうど免許証更新の時期だったなら、視力が回復したので裸眼だということを伝えれば条件解除することができます。

 

さいごに

レーシック手術を受けて視力が回復すれば、メガネやコンタクトレンズなしで生活することができるようになります。毎日快適に過ごせるようになりますが、「眼鏡等」と記載されている免許証のままで運転したら違反になってしまうことは、ぜひ覚えておきたいですね。手続きも簡単ですし、視力が回復したら「条件解除」を忘れずに!

関連記事

  1. コラム9_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    鳥のフン、塗装への影響と対策

    「いつの間に!?」「こんな所に!?」「運転するのに邪魔になる場所に…取…

  2. コラム10_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    軽自動車 所有台数が多い県は?

    小回りがきく、狭い道でも走りやすい軽自動車。軽自動車の保有台数は増加傾…

  3. コラム15_アイキャッチ画像2-01

    自動車コラム

    車内での熱中症 15分でも危険

    今年の夏は例年より暑いと予想されています。すでに毎日のように暑く、熱中…

  4. コラム11_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    運転免許証 返納する? 運転を続ける?

    高齢運転者数が増えたことで、高齢ドライバーによる事故も年々増加していま…

  5. コラム17_アイキャッチ画像-01

    自動車コラム

    東京オリンピック・パラリンピック特別仕様のナンバープレート デザイン決定!

    リオオリンピックが終わり、次の夏季オリンピックは、いよいよ日本の東京オ…

  6. コラム3_アイキャッチ画像

    自動車コラム

    新車にスペアタイヤがないのはナゼ?~タイヤのはなし~

    以前は車に装備しておくのが義務だったスペアタイヤ。最近ではスペアタイヤ…

PAGE TOP