自動車コラム

車を運転しているときに災害が起こったら

いつ起こるかわからない災害に備えて日頃から準備やシュミレーションをしておくことは大切です。そこで今回は地震や台風など車を運転しているときに災害が起こったときのことなどについて。

車の運転中に地震が発生したら

もしも車を運転中に地震が発生したら…家から近い場合は家に向かう?遠かったら…すぐに判断しなければいけませんが、慌てずに冷静な判断が必要です。

1.車を左側に停車させます
急ブレーキをかけずにハザードランプを点滅させて、ゆっくりとスピードを落として周囲の状況を確認しながら安全な場所に停車させます。

2.車内で待機
車を停車させてすぐに車の外に出るのは危険なこともあります。揺れがおさまるまで車内で待機します。その間にラジオなどで地震や道路交通情報などの情報収集をします。

3.避難する
【車を置いて避難する】
道路に車があると救急車などの緊急車両の通行の妨げとなります。車を置いて避難する場合は、できるだけ車を道路の外へ移動させておきます。

ポイント
・窓を閉めてエンジンを切る
・サイドブレーキをかける
・カギはつけたままにしておく
・キーレスエントリーキーの場合はカギを車内の目立つ場所に置く
・車のカギは車内に残したまま車のカギはかけずに避難する

【車で避難する】
東日本大震災では津波から避難するために徒歩ではなく、車を使って避難した人もいました。早く避難しなければ間に合わない、安全な場所まで遠い場合は車で避難することになりますが、その際は信号機が壊れていたり、道路に障害物があるかもしれないので注意が必要です。

ある調査で東日本大震災のときに車で避難するときに障害になったことで一番多かったのは「車の渋滞」でした。車で避難する人が多いと道路が渋滞しますし、路上駐車している車が邪魔になったりしてスムーズに進むことができないかもしれません。車で避難するときは交通状況など普段とは違うことも考慮して避難しなければいけません。いくつか避難経路を考えておいて、そのときの交通状況を見て一番安全に避難できそうな道を選ぶなど日頃からもしものときのための避難経路を考えておくことも大切ですね。

 

高速道路で地震が発生したら

一般道と同じく高速道路を走行中に地震が発生したら、急ブレーキをかけずにハザードランプを点滅させて、ゆっくりとスピードを落として周囲の状況を確認しながら安全な場所に停止させます。震度によってはトンネル坑口付近や長大のり面の下などは崩落の危険がありますので、なるべく避けて停車しましょう。サービスエリアやパーキングエリアで地震が発生したら、すぐに移動せずに情報収集をしてしばらく待機、避難誘導があれば係員の誘導に従って行動しましょう。

 

運転中は地震に気づきにくい?

家や建物の中にいるときは置いてあるテレビや観葉植物が揺れたり、壁に掛けてあるものが揺れることで『地震かな?』と思ったり、座っていると揺れを体で感じて『地震かな?』と気づくことができます。建物の中にいると小さな地震でも気づきやすいですが、車に乗っているときは地震に気づきにくいと言われています。

車に乗っているときは少し揺れていても普通。道路の舗装状況などよってはガタガタと揺れる道路もあります。山道やカーブの道では車が通ると振動や音が伝わるような加工をしている道路もありますよね。通るとガタガタ音がしたり、振動を感じます。もしも地震のときにそういう道路を通っていたら余計に気づくのが難しいかもしれません。

気象庁の震度階級関連解説表では震度の階級ごとに、目を覚ます、立っているのが困難などの人の体感や行動について、ドアが開かなくなることがあるなどの屋内の状況、電線が揺れるなどの屋外の状況などの表を見ることができます。

それによると震度4で「自動車を運転していて、揺れに気づく人がいる。」震度5弱で「道路に被害が生じることがある。」震度5強で「自動車の運転が困難となり、停止する車もある。」とあります。体感では震度2で「屋内で静かにしている人の大半が揺れを感じる。」とあるので、車に乗っているときの体感とは差があることがわかります。

 

緊急地震速報は設定をオンに

車を運転しているときは家や建物の中にいるときより地震に気づきにくいもの。そこで参考になるのは「緊急地震速報」です。今ではスマートフォンに限らず携帯電話を持っている人がほとんど。総務省による携帯電話の人口普及率は2016年(平成28年)度末で107.5%と100%を超えています。

緊急地震速報は最大震度が5弱以上と予測されると、気象庁が携帯電話会社に通知し、携帯電話会社は特定の地域にいる人にメッセージを送信しています。車に乗っているとき、体感ではわかりにくいかもしれませんが、携帯電話を持っていれば緊急地震速報で地震が来ることを事前に知ることができ、地震が発生するまでわずかな時間しかなかったとしても、車を停車させたり、身を守る行動を取ることができますよね。ほとんどの場合は何もしなくても設定がオンになっていますので、何かあればマナーモードにしていたとしても、携帯電話の電源が入っていれば大きな音量で知らせてくれます。

周りの人の携帯電話が鳴ったのに自分の携帯電話は鳴らなかったなら、設定がオフになっていないか確認してみましょう。古い機種では緊急地震速報に対応していないものもあるので、その場合は通知を受けることがアプリをインストールしておくと安心です。

 

台風のときの運転

台風のときはなるべく外に出るのを控えたいですが、台風のときでも仕事などで仕方ないときもありますよね。台風のときの車両トラブルで一番多いのは「冠水」です。台風時にJAFに寄せられた依頼は冠水車両の牽引希望が圧倒的に多いのです。

少しぐらいなら進めるかなと思って進んだら思ったよりも深くて動けなくなることが多いようですね。

 

台風が接近、通過中の運転

まずはスピードを落としてゆっくり進みましょう。いつも通っている道でも雨で周りがよく見えなかったりすると、注意して進んでいても冠水した道路で動けなくなってしまうかもしれません。慣れている道でも注意して進み、場合によっては迂回するなど慎重に判断する必要があります。台風のときは物が飛んでくる可能性もあるので、前を走っている車が急に止まっても対処できるように、いつも以上に車間距離をあけるなど心がけましょう。

 

車が水没したら

車が水没してしまったら、すぐに脱出するための行動をとらなくてはなりません。

JAFでは「360度動画でVR体験!水没車両からの脱出【疑似体験版】」では360度自由に視点を変えて周りを見られるVR動画で、水没車にはどのくらいの時間でどのくらいの水が車内に入ってくるのか疑似体験できる動画が公開されています。それによると、10秒で車体が浮いて全くコントロールできなくなってしまいます。約2分経過すると水が少しずつ車内に浸入してきます。5分経過するとハンドルがほとんど水に浸かっているのが分かります。このあと、窓を割るための緊急脱出用のハンマーを使って窓を割り脱出するのですが、その際の注意点は窓を割る前に必ずシートベルトを外すこと。窓を割るハンマーにシートベルトを切るカッターがついているので、そのカッターを使ってシートベルトを外してから窓を割ります。

 

どのくらいの深さで車は動けなくなる?

JAFが行った冠水路走行テストでは水深60cmで多くの車のエンジンが止まると確認されています。一般的に走行できる目安は、乗用車の床面が浸からない程度です。水没して動けなくなった車を水が引いてから取りに行ったときにエンジンをかけるのは感電や破損の恐れがあるのでやめましょう。

 

どのくらいの深さまでスライドドアは開く?

JAFが行った実験動画によると水深30cmのときは普通にドアを開けることができましたが、水深60cmだと水の抵抗でかなり開けづらそうでしたが、女性でも55秒でなんとかドア開けることができていました。水深90cmの後輪が浮いた状態では制限時間の1分以内に開けることができず、全てのタイヤが接地した状態では、なんとかドア開けることができていました。水深120cmの全てのタイヤが接地した状態では、水深90cmのときよりも早くドアを開けることができていました。水没時は車内と外の水位の差が小さいほうがドアを開けやすくなります。

 

備えて安心の脱出用ハンマー

車内に水が入ってくると、大人の男性でも簡単には開けられないほどの水圧がかかり、ドアを開けることができずに車内に閉じ込められてしまいます。本当に危ないときは前もって窓を開けておくと窓を割らなくても脱出することもできますが、なかなかいざとなると大雨の中、窓を開けて進むことも難しいですよね。もしも車内に閉じ込められてしまったときのために脱出用のハンマーとシートベルトを切るカッターは車の中に最低1つは備えておきたいですね。

水没したときに何を使えば窓が割れるのかを検証した動画もJAFで公開されています。その動画では小銭を入れたビニール袋やヘッドレスト、ビニール傘などのほかに脱出用ハンマー3種類で実験したところ、脱出用ハンマーでしか窓を割ることができませんでした。小銭を入れたビニール袋でも割れる、ヘッドレストを窓の下の隙間に挟んでテコの原理で力を入れれば窓を割ることができるという意見もありますし、随分前にテレビでヘッドレストを使って窓を割って脱出する方法を見たこともありますが、やっぱり脱出用ハンマーが一番簡単で確実に窓を割ることができると思います。運転席や助手席の前側だけではなく、後ろの席ににもあるとより安心ですね。

フロントガラスはサイドウィンドウや後ろのリアウィンドウよりも丈夫なので、脱出用のハンマーを使っても窓ガラスにヒビが入っただけで、脱出できるほど窓ガラスを割ることはできません。窓を割って脱出するならサイドウィンドウやリアウィンドウを割って脱出しましょう。

窓を割ると破片が自分に飛んできて怖いように感じますが、車の窓ガラスは割れてもクモの巣状に細かくヒビが入りあまり尖って割れないようになっています。割れた破片も細かくケガをしにくいようになっていますので、もしものときは脱出用のハンマーを使って窓ガラスを割って脱出しましょう。

 

運転中、カミナリの兆候や情報収集の方法

カミナリが多い時期は火事や停電に注意が必要です。場合によっては落雷の影響で電車などの公共交通機関が遅れたりすることもあります。黒い雲が近づいて空が暗くなったり、ゴロゴロ音が聞こえたり稲光が見えたら、そこはもうカミナリの危険区域。スマートフォンなどで気象予報アプリを利用するなどして情報収集をしましょう。ラジオでカミナリを予測することもできます。AMラジオを聴いていると雷雲が近づくと受信状態が悪くなります。雷による放電によってバリバリと雑音(ノイズ)が鳴ったりすることがあります。このノイズは50キロ以内でカミナリが発生したときに入ります。ノイズの間隔が短くなったり、大きな音が連続するようならカミナリが近いと考えられます。

 

カミナリの避難場所

カミナリが近づいたときは鉄筋コンクリートの丈夫な建物に避難するのが有効だと言われています。木などにカミナリが落ちたときに近くにいると再放電し、側撃雷の被害にあう可能性もあるので、できるだけ建物の中に避難するのが安全です。

 

車の中は?

車の中にいる場合は外に出ずにそのまま車の中で待機しましょう。車内には電流が流れないので、基本的には安全です。ただし、ドアノブなど車内の金属部分に触れていると感電する可能性があるので、金属部分には触れないようにしましょう。

 

何もないところでの身の守り方

どうしても周りに何もないときは「雷しゃがみ」をして身を守りましょう。

1.頭を下げる
2.鼓膜を守るために両手で耳をふさぐ
3.地面から伝わる電流を避けるために両足をそろえる
4.つま先立ちをする
(ANNnewsCH)

 

さいごに

地震や台風などの自然災害はいつ起こるかわかりません。日頃から『もしものときはどうする?』とシュミレーションしておくと、いざというとき落ち着いて行動することができます。

飲料水を含んだ濡れタオルやアルミブランケットなどが入った車用の防災グッズも売られています。脱出用のハンマーなど防災グッズは普段はほとんど必要のないものですが、用意しておけば場合によっては命を守れることだってあります。メガネや杖など人によっては必要なものもあります。もしかしたら車で外出中に災害に遭い、家に帰れなくなってしまうかもしれません。自分や家族にあった物を車に積んでおくことも大切です。

関連記事

  1. コラム10_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    軽自動車 所有台数が多い県は?

    小回りがきく、狭い道でも走りやすい軽自動車。軽自動車の保有台数は増加傾…

  2. Print

    自動車コラム

    追い越し車線と追い越され方~思いやりも大切に~

    高速道路を走っていると追い越し車線をずっと走っている車がいます。でも実…

  3. コラム4-2_車と色の関係-01-01

    自動車コラム

    車と色の関係2~標識の色やパトカーの色、車と色のまとめ~

    前回の車と色の関係についての続きです。標識の色信号機の色、日本や世界の…

  4. コラム12_アイキャッチ画像2-01

    自動車コラム

    運転免許証を返納したあとは

    運転免許証を返納すると車の運転ができなくなり、行動範囲が狭くなってしま…

  5. コラム7_アイキャッチ画像

    自動車コラム

    シートベルトとチャイルドシート~チャイルドシートの取り付け位置など~

    子供が生まれる前から用意しておく必要があるチャイルドシート。病院から退…

  6. コラム11_アイキャッチ画像2

    自動車コラム

    運転免許証 返納する? 運転を続ける?

    高齢運転者数が増えたことで、高齢ドライバーによる事故も年々増加していま…

PAGE TOP