自動車税Q&A

自動車税Q&A【手続き忘れ】乗れなくなった車の廃車手続きが遅れると・・・

何かと便利な自動車ですが、故障や事故などで乗れなくなってしまうときがいつか来ますよね。そんな時にうっかり廃車手続きを忘れてしまっていたら…。この場合、どのようなデメリットがあるのか、廃車手続きの種類やお得な情報などお伝えしていきます。

税金を払う必要が出てくる

まずは第一に考えられる、税金のことを見ていきましょう。廃車手続きを忘れていた場合、乗れない車でも税金を払う必要は出てくるのでしょうか。

手続きをするまで自動車税を払わなければいけない

その自動車を使う使わないにかかわらず、何の手続きもしていなければ、4月1日時点で所有している自動車の税金は払わなければなりません。ここで言う税金とは「自動車税」のことです。もう乗らないから庭に放置したまま、なんてことにしていれば年度が変わるたびに納付書が送られてくることになってしまうのです。

実は廃車手続き自体はいつでもできます。税金や車検の関係でお得に廃車をしようと考えるのならば、期限を切る必要がありますが、忘れていたから廃車にできない!ということは無いので安心してくださいね。

また基本的には手続きをしなければ納税の義務が発生しますが、自動車税は地方税です。このことから自治体によって所有している状態の定義が違います。車検が切れた時点で税金が保留になることもあるようなので、各自治体に問い合わせてみてください。

廃車手続きを忘れていた!気付いた時にできる手続きは?

ではここから実際に手続きを忘れていた車の、廃車手続きをする際のポイントを見ていきましょう。単純に忘れていた場合や、盗難にあった場合なども解説していきます。

忘れていた間の自動車税が未納付の場合

自動車税は自動支払いではなく、納付書が車の名義人宛に送付されます。このせいかついつい払い忘れてしまう…という方が多いですよね。実は意外なことに自動車税を納付していなくても、廃車の手続きは受け付けてくれるのです。

自動車税が決まる4月1日から、廃車手続きを行った月までの自動車税を納付すればそれでOKになります。もともと年度内に廃車にした場合は、残りの月分の税金を還付金として返してくれます。この制度を利用したやり方になりますね。

しかしこの滞納が2年を超過している場合、また悪質な滞納だと判断された場合はこの限りではありません。結局払う必要は出てくるので納付書が送付されてきたら、なるべく早めに払っておきましょう。もしどうしても苦しいようなら、その旨連絡すれば分割にしてくれることもあるようです。

車検が切れている場合

車検が3月にありちょうど良いから、3月の車検前に廃車手続きをしようと思っていたら忘れていた場合、税金未納付の時と同じように、車検切れの車でも廃車手続きは申請することができます。ただ車検切れになっているので公道を走ることはできませんので、レッカーをお願いするなどの別途費用がかかることになります。

また、車検証自体が無いという場合ですが、車検証は再発行が可能です。車検証以外の書類で廃車にできることもあるので、陸運局に相談してみましょう。

手元に車が無い場合

めったにあることではないですが、盗難にあった、自然災害にあってしまったなどで手元に車が無くて手続きを保留している場合はどうすべきでしょうか。車自体が無いのでどうしようもないと考えがちですが、この場合も廃車にすることは可能です。

手元に車が無い理由によって届け出る先が異なってきます。主な相談先、証明書発行施設は以下になります。

・盗難の場合:警察署で盗難届けを出しましょう。
・自然災害の場合:消防署(または地区町村役場)で罹災証明書を発行してもらいましょう。

これら理由に基づいた証明書などがあれば、廃車手続きに必要な「ナンバープレート」「車検証」「解体証明書」が提出できない証明になります。何度もお伝えしてきましたが、手元に車が無くても手続きをするまでは自動車税は発生してしまいます。また、盗難の場合は犯罪に利用される恐れもあります。いつでもできるとはいえ、早めに対処をしておきましょう。

うっかり忘れを無くすためにも目的にあった廃車手続きを

事故や故障などでもう動かすことができない。そんな時にはすぐにでも廃車手続きをされるでしょうが、自身の怪我や仕事の関係で車の運転ができない…。そんな時には廃車にしてしまうのはもったいないと感じませんか?一言で廃車といってもいくつか種類があります。ここからは廃車の種類を見ていきましょう。

完璧に乗れなくなる「永久抹消登録」

永久抹消登録は文字通り、「永久」にその自動車を使えないようにする登録のことです。永久抹消登録の際には、自動車を解体したという証明書が必要になってしまうので、事実スクラップになってしまうのですね。
事故車であったり年式が古くなりすぎたものなど、「もう乗れない」自動車を廃車にする際に行う手続きです。

中古車として買い取ってもらう際にも「一時抹消登録」

まだ乗れるけれど新しい自動車に買い換える、大好きなモデルだから今は乗らないけれど取っておきたい。そんな「まだ乗れるけれど今は乗らない」自動車に対して行われるのが、一時抹消登録です
一時抹消登録をすれば、当然公道は走れなくなりますが、毎年納付せねばならない自動車税の納税義務がなくなります。年単位で乗らないのならば手続きをしておくとお得ですね。

ただ、コレクションとして車両を取っておきたいなど、解体はしないけれどまた乗れるように再登録をするのは当分先になる。こんな場合は最初にしっかりと一時抹消登録の理由を説明しておきましょう。自動車リサイクル法の施工により、解体も再登録もされないとなると、問い合わせが来る場合などがあるようです。

気が変わった、事情が変わった時には「解体抹消」

まだ乗るつもりで一時抹消登録をしていたけれど、その時々で事情が変わるという事もありますよね。そんなときには当該自動車を業者に解体してもらい、「解体証明書」を陸運局に提出しましょう。永久抹消登録とは順番が逆になりますが、こういった廃車のやり方もあります。

うっかり忘れも迅速な手続きで挽回可能

所持しているだけでコストのかかる自動車。手続きを忘れていた!なんて気付いたら焦ってしまうものですよね。しかし廃車手続きに期限はありません。必要の無い出費をなるべく抑えるためにも、手続き忘れに気がついたら早めに行動を起こしましょう。

関連記事

  1. AdobeStock_98703256

    自動車税Q&A

    自動車税Q&A【還付手続】自動車税を返してもらうための条件と手順は?

    年度途中で愛車を手放さなければいけなくなった場合、既に払っている自動車…

  2. 廃車手続きと自動車税

    自動車税Q&A

    自動車税Q&A【廃車】納税を回避するにはいつまでに廃車手続きをすればいい?

    自動車税の納付義務は【4月1日】時点で自動車を保有している人に課せられ…

PAGE TOP